遺伝子検査ダイエットバナナ型って何⁉痩せる方法が他人と違う⁉

美容

遺伝子検査ダイエットでバナナ型と出たけど、バナナ型ってそもそも何?

バナナ型だけを徹底追及したよ!

これを理解していないと、せっかく遺伝子検査したのにダイエット失敗に終わるかも…!?

スポンサーリンク

遺伝子検査ダイエットバナナ型とは⁉

遺伝子検査でバナナ型と診断されたあなた!

バナナ型とは、筋肉がつきにくい体質の人の事を言います。

遺伝子タイプの中でも「タンパク質代謝ができない」という人です。

またバナナ型のタイプは、基本的には太りにくいという体質ではあるものの、一度太るとかなり痩せにくいという極端な体質でもあります。

 

そもそも遺伝子検査が分からない!という人はこちら▼

 

まず人間は、太ってしまった時に痩せる為に運動しますよね。

その時に筋肉が少ないと、どれだけ運動して頑張っても痩せにくいという傾向があります。

理由は、筋肉が少ないと消費カロリーも少ないからです。

 

また通常のタイプの人は糖質をエネルギーにするのに対して、バナナ型の人はタンパク質をエネルギーにします。

その為、タンパク質を多く摂る事で身体の内側を燃やしやすく、筋肉をつけやすくなりますが

  • 少しでも運動をしない
  • タンパク質摂取が少ない

となると、筋肉がどんどん痩せてしまう傾向があるので要注意。

 

バナナ型タイプの人は

  • 食生活・・・タンパク質多め
  • 運動・・・・ジムトレーニングでしっかり筋肉をつける

がおすすめです。

 

タンパク質多めの食品はこちら▼

 

バナナ型の人はいつタンパク質を摂取するべき?

ではこのタンパク質多めの食材をいつ取ればいいのでしょうか。

それは

  • 運動前
  • 運動後

の両方。

 

運動前に軽くタンパク質多めの食べ物を取り、エネルギーチャージします。

そして運動後に、必須アミノ酸豊富なタンパク質を取ると効果的。

 

運動前のおすすめお手軽タンパク質は、コンビニでも売っているような

  • サラダチキン
  • チーズ
  • 牛乳
  • ゆで卵
  • 納豆
  • 落花生

というような、お腹にたまりにくい食べ物がおすすめ。

 

では運動後はというと、一番おすすめなのが必須アミノ酸豊富なプロティン。

YouTube

ダウンタウン松本仁志のあのムキムキマッチョが物語っていますが、プロティン効果はマジで半端ないです…。

要は「必須アミノ酸豊富なタンパク質」であれば、問題ありません。

プロティンは、それを全て備えてあるので、トレーニングジムなどでも販売されているんですね。

 

いやでも!

プロティンってすごく不味いイメージ、ありませんか?

そこで調べてみたら、最近はこんなおしゃれな女性用の美容プロテイン見つけちゃいました。

味はイチゴ味。

味の美味しさと何とコラーゲンも一緒に摂れちゃいます。

 

バナナ型の運動の仕方

また運動方法は、激しい運動でもいいのですがコツコツ筋肉を溜める方法で、運動を続けると綺麗な筋肉がつき、引き締まった体になります。

激しく走ったりするよりも、筋トレがいいですよ^^

 

また、無理な食事制限をして野菜ばかり食べていると、極端に筋肉が減ってしまったりもするのでバナナ型は要注意。

食事内容がジャンクフードばかりだったり、お菓子ばかり食べている場合は、もちろん食事制限するべきですが

「普通に食べているのに痩せない!」

という場合には、まずタンパク質が取れているかに注目しましょう。

 

バナナ型のダイエット方法まとめ

バナナ型は

  • 肉を積極的に食べる
  • 魚や大豆製品、乳製品もバランス良く食べる

という通常ダイエットとは少しかけ離れたダイエット法が適しています。

 

スポンサーリンク

プロティンについて

プロティンと聞くと、不味いというイメージだけでなく「高い」というイメージがありますが、例えば

4.5kgで15,000円だと、1g当たり約3.5円。

1回に20g摂取するとして、1回約70円。

 

普通にお肉を食べるとして、100g食べて摂取できるたんぱく質はたったの15~20g前後です。

また鶏むね肉は値段も安くてたんぱく質豊富ですが

  • 調理しなければならない
  • 調理法が限られている
  • パサパサしているので飽きる

というデメリットもあります。

 

コンビニで手軽に食べられるサラダチキンは、料金が約200円もするので毎回だとお財布に痛いかも。

またコンビニで売られている食べ物は基本的に、添加物が入っていて塩分も多め。

総合的に見ても、確実にたんぱく質がとれるプロティンの方が全てにおいてお得という事になります。

 

よくボディビルダーの人がゆで卵をおやつに持ち歩いていたりしますが、卵は自分でゆでておけば添加物もなく、栄養価も高いです。

ゆで卵のように手軽に食べ物からタンパク質を摂取できるのが一番いいのですが

  • 手間
  • 金額

を考えると何気にプロティンの方が優秀という計算になります。

 

アンチプロティンの人も多くいるので、この辺は自分の生活スタイルやお財布と相談しながら取り入れてみて下さいね♪

まとめ

自分がバナナ型だと分かるだけでも、ダイエット方法が明確になるのでいいですね。

遺伝子検査は、自分でもできますがエステサロンでも無料で検査してくれます。

ダイエットが上手く続かなくて、痩せるついでに綺麗にもなりたいという場合は、エステサロンが確実ですよ^^

※遺伝子検査のみの施術はできません。 
スポンサーリンク

コメント