遺伝子タイプ肥満になりやすい6つのタイプ!診断と検査方法は?

健康

遺伝子タイプの中でも今回は肥満になりやすいタイプを6種類紹介します。

遺伝子の仕組みを知っておくと、今後のダイエット方法も変わり、また成果も出やすいので是非とも頭に入れながら痩せていきましょう♪

体質によっては乳製品も危険かも!

スポンサーリンク

遺伝子タイプ診断6タイプ!

人間は6つの太りやすいタイプがいます。

  1. 糖質代謝ができない
  2. 脂質代謝ができない
  3. タンパク質代謝ができない
  4. 過食傾向
  5. 糖質ばかり吸収してしまう
  6. 体脂肪燃焼できない

 

1. 糖質代謝ができない

糖質代謝とは、糖質(ご飯やパン、麺類や穀物、イモ類など)をエネルギーに替える事を言います。

そもそも人間は糖質がないと元気に行動できませんし、頭の回転も鈍くなります。

 

その為、ダイエットするにも最低限の糖質は人間の体内には必要なのですが、少し食べただけでも糖質を全て吸収してしまう人がいます。

これが糖質代謝できない人です。

糖質代謝できない人を遺伝子タイプで分けるとリンゴ型と呼ばれるタイプです。

 

2. 脂質代謝ができない

油・肉・卵・乳製品をうまく分解できない人。

揚げ物や脂身の多い肉などを避けると、太りにくいので極力避けると常時体型をキープできます。

また脂質が多すぎると、動脈硬化にもなりやすいので、このタイプは注意が必要。

 

ちなみに大女優の米倉涼子さんは、この脂質代謝ができないタイプなのだそうです。

いや、めっちゃテレビでも肉食べてますけど…(;゚Д゚)

肉でも脂身の少ない高級肉食べてるからかな…

 

3. タンパク質代謝ができない

たんぱく質は

  • 筋肉
  • 血液

の材料となる重要な栄養素。

 

身体を動かすのに必要な物を全て作ってくれるので、たんぱく質は欠かせません。

特にダイエットするときには、筋肉がないと脂肪燃焼や食べたものの消化がしにくくなります。 

 

タンパク質代謝ができないというのは、筋肉がつきにくい体質という事です。

タンパク質代謝ができない遺伝子タイプはバナナ型。

 

ちなみにタンパク質を多く含む食品はこちら。

■肉類■

  • 生ハム
  • 鶏ささみ
  • ローストビーフ
  • 牛もも肉
  • 豚ロース
  • 鶏砂肝

■魚介類■

  • イワシ丸干し
  • いくら
  • 焼きたらこ
  • するめ

■卵類■

  • 卵黄
  • ピータン
  • ゆで卵

■大豆類■

  • きな粉
  • 油揚げ
  • 納豆
  • がんもどき
  • 厚揚げ
  • こしあん
  • 豆腐
  • 豆乳

■乳製品■

  • パルメザンチーズ
  • 脱脂粉乳
  • プロセスチーズカマンベールチーズ
  • クリームチーズ
  • 植物性生クリーム
  • ヨーグルト
  • 牛乳

これらを積極的に食べて、少しでも筋肉をつけるようにするといいですよ!

 

また食べる時間は

  • 運動する前
  • 運動後

に少しでも食べると、筋肉がつきやすいです。

 

4. 過食傾向

つい食べ過ぎてしまう人です。

誰でも楽しい食事会や美味しい料理の時は、ついつい食べ過ぎてしまうものですが、これが毎回毎回食べ過ぎてしまうとなると少し問題

  • 太るのが怖い
  • もしくは罪悪感が出てきてしまう

という思いが働き、食べた物を全て吐いてしまう所までいくと過食症です。

また、過食症を通り過ぎて今度は摂食障害になる可能性もあるので要注意。

 

また過食症になる原因の中ではストレスも多いに関係している事が分かっており

  • 人間関係
  • 自分への自己否定感

でストレスになる事があります。

この場合はダイエットを考える前に、まずは精神的バランスを保たないと、何度も過食を繰り返してしまう事になります。

 

5. 糖質吸収してしまう

食べた物の中で、糖質ばかり吸収してしまうタイプ。

糖質とは、1番でもあるように甘いものだけでなく人間の身体に必要な

  • パン
  • 麺類

などエネルギーを作り出してくれる成分。

 

ダイエット中でも少量は取り入れておかないと、日々の生活に支障が出ます。

なのですが、その糖質を全て吸収してしまうタイプだと、食べ方や食べる食材にも気を配らないと痩せにくい。

 

特に早食いは厳禁。

ゆっくり食べてしっかり噛むという事をしないと、どんどん糖質だけ吸収してしまい、逆に太ってしまいます。

 

この場合は、早食いを改善するだけでなく

  • お米は玄米に替える
  • パンは穀物パンに替える

など工夫すると体内での消化率も変わります。

 

このタイプは遺伝子洋ナシ型タイプ!

 

6. 体脂肪燃焼できない

ダイエットに必要なのは、脂肪を燃焼させる事。

脂肪を燃焼させると、どれだけ食べても、何を食べても太りにくいと言われています。

体脂肪を燃焼しづらい体質は、冷え性の人が多いです。

元々からの末端冷え性だけでなく

  • 身体を冷やす食べ物を食べている
  • 冷たい飲み物を取りすぎている
  • 冷房ガンガンの部屋で過ごす事が多い

など外から内から身体を冷やす行動をしている為に、身体の内側を冷やしてしまい、脂肪を燃焼しづらい体質を作り上げてしまいます。

 

スポンサーリンク

遺伝子タイプの検査方法

自分の遺伝子タイプを調べるには、検査が必要です。

通販サイトで検査キットも販売されていますし、エステサロンに行くとどのようなダイエット方法が最適か無料で調べてくれる所もあります。

 

ネット通販おすすめは「遺伝子博士」。 

女優やモデルが実際に遺伝子博士をテレビ番組で試して見ました。

自分の遺伝子タイプを検査した結果、自分の合うダイエット方法を知る事ができたと大好評!

 

この話題沸騰中の「ダイエット遺伝子検査キット」は、どんなダイエットをしても痩せなかった人の為に、効果的に痩せる為の入り口です。

とは言え、遺伝子検査はたくさんの商品が販売されています。

 

その中でも遺伝子博士は楽天でも常に1位を独占する遺伝子キット人気NO1商品。

何故常に一位なのか?という点は、他の遺伝子検査よりもより詳しく遺伝子タイプを見極める事ができるからです。

その数なんと33!

 

先程の6タイプよりもより詳しい訳です。

という事は、より詳しく

  • どのような食生活を送って
  • 何を何時に食べて
  • 運動はどのぐらい?
  • 食べるべき食品

などを詳細に知る事ができるので、より的確にダイエットできるのです。

 

また、遺伝子博士は検査結果をスマホで確認する事ができます。

その後のアドバイス等も全てアプリでOK。

更に体重管理機能と運動動画で、ダイエットのサポートをしてくれるので心強い!

 

その他、実際に遺伝子検査をしてもらえるのがエステサロン。

SLENDA GINZAだと、遺伝子検査に基づいたダイエットプログラムを組んでくれますよ!

※遺伝子検査のみの施術はできません。 
スポンサーリンク

コメント