豊洲市場って日曜日は休み?営業?朝ご飯やランチを市場で食べるには?

観光地

せっかくの日曜日。

新しく出来た豊洲市場で、美味しい海鮮の朝食を食べたいでですよね。

築地市場では、日曜日がお休みでした。

豊洲市場は営業しているのか、はたまた休みなのか。

 

お休みの日曜日に新鮮な海鮮丼や寿司を食べたい場合、豊洲市場以外で食べる所はあるのか、お伝えします。

豊洲市場は日曜日休み?営業?

ずばり休みです。

日曜日に関しては、年に一回だけ、12月の一番最後の週の日曜日だけが毎年臨時営業となっています。

その他の日曜日は定休日です。

 

では祝日はどうでしょうか。

今一度、豊洲市場の営業日を確認してみましょう。

 

豊洲市場の営業日とお休み

豊洲市場は基本的に

  • 日曜日・祝日
  • 年末年始(12月31日~1月4日)
  • 普遍的な水曜日

が休みとなっています。

 

祝日の中でも大型連休の場合ですが、

  • ゴールデンウイーク
  • お盆休み

に関してだけはカレンダー通りの休みではなく、ゴールデンウイークの場合だと、初日は営業していたりします(その年によって変わります)

要は、年末年始以外で3日間以上の休みを作ってはいけない決まりになっているのです。

 

お盆に関しても、途中日曜日が挟まれてしまうと、ちょっとずらしてお盆休みとなる事もあります。

平成30年、2018年のお盆営業日のスケジュールはこうなっていました。

赤く塗られている所が市場のお休みの日なんですが、12日が日曜日だった為に13日、14日、15日とお盆休みを取ってしまうと市場は4連休となってしまいます。

その為、間一日13日を営業日とし、14日、15日、16日をお盆休みとして取りました。

※市場は年間休日日数が基本的に決まっています。

 

このように祝日に関しては、毎年変動します。

 

水曜日は、基本的にはお休みとなっているのですが、週の中に祝日があったりすると稼働していたりするので、営業している時とそうでない時があるので、カレンダーのチェックが必要です。

 

ちなみに豊洲市場の営業時間は、基本的には

 朝5時~夕方17時まで 

となってはいますが、お昼には閉めている事が多いです。

 

スポンサーリンク

豊洲市場で日曜日に朝ご飯食べるのは無理?

誰でもが平日に市場に足を運べるわけではなく、土曜日もがっつり仕事の人もいます。

そうなると、やっぱり観光するなら日曜日ですよね。

 

でもやっぱり豊洲市場は日曜日は休み。

豊洲市場に移転し来たお店はほとんどが築地場内あったお店なので、そもそも日曜日はお休みです。

 

じゃあどこに行けば、美味しい海鮮が食べられるの?

というと、やはり築地市場場外になります。

 

築地市場の場外は、築地市場の場内のお店が日曜日休みだったので、一般観光客の為に日曜日も開催したら、これが大当たりして大繁盛しました。

その為、場外はその後ずっと営業を続けてきたのです(休業のお店もあります)

日曜日はもちろんゴールデンウイークも営業しているので、凄い人だかりになり、すし屋さんは行列になるほど。

 

もちろん場外全てのお店がオープンしている訳ではありませんが、海鮮系のお店はほぼ開店しています。

ちなみに、場外のどのお店に行けばいいの?と思ったら、正直、どこ入っても築地市場は美味しいのですが、参考までにお店をピックアップしました。

 

築地市場場外おすすめ飲食店

又こい家

築地場外のお店はマグロどんぶり屋さんになっています。

<<又こい家さんの食べログはこちら

▲▲場所も載っていますよ~▲▲

 

こちらの又こい家さんは、豊洲市場にも出店されていて「すし処 おかめ」で7街区の3階に入っています。

豊洲市場では、お寿司になります。

<<すし処 おかめの食べログはこちら

豊洲市場の飲食店舗場内マップと営業時間・営業日 待ち時間が長いのはどのお店?

 

吉名水産

こちらは網焼きで牡蠣やホタテを販売しているお店。

貝の卸屋さんです。

 

ここの牡蠣は他のお店に比べて、粒がでかい!

お値段は1個300円ですが、おすすめです。

 

イクラとウニのどんぶりもあり、米粒は全く見えないほどの量が盛られています(笑)

  • 本格派ねぎとろ丼
  • 釜揚げしらす丼
  • こぼれるイクラ雲丹丼
  • 親子丼ブリ

などなど、他にも海鮮丼はあるので、一度ご賞味下さい♪

テレビにも放映されたそうですよ~

 

海鮮丼 まるきた

ここのお店は夜もやってくれている有難いお店。

新鮮な魚介類で胃も心も満たしてくれそう♪

ちなみに、まるきたではデリバリーもしてくれるそうです!

ホテルでゆっくりブレックファーストもいいかも( ̄▽ ̄)

 

▪すしざんまい

言わずと知れた築地の名物「すしざんまい」。

数年前、マグロを1億で競り落としたあの社長のお店です。

 

どこで海鮮を食べたらいいか分からないという時は、頼りになります。

味はもちろん抜群なのですが、それよりなにより助かるのが24時間営業!

いつ行っても築地の寿司が食べられるんです。

 

その他、何が食べたいか何を買いたいか、お店情報が載っているサイトがこちら。

築地市場場外のお店が全て分かる!

 

実は、豊洲市場には一般観光客が気軽に魚や乾物など変える商業施設を、すしざんまいが作る予定だったそうです。

<<豊洲市場で一般客が買い物するには不充分。その理由は?

 

今は正直、一般人が喜びそうな物販店は豊洲市場にはありません。

その内容は次回また。

豊洲市場の物販店舗「魚がし横丁」魚や野菜、乾物などはどこで買えるの?

 

スポンサーリンク

豊洲市場で土曜日イベントスタート!

すしざんまいが観光客用に作り予定だった商業施設の開催が、まだまだなので、毎週土曜日に青果棟の前で「土曜マルシェ」がスタートしました。

今後、毎週行われるようです。

スーパーでは中々手に入らない食材を、一般人でも手に入れる事ができるので、お食事がてら観光がてらに寄ってみては?

豊洲市場に土曜マルシェ誕生!土曜日は見所満載?土曜日ランチ情報も!

 

スポンサーリンク

まとめ

息子の先生の旦那さんで、築地市場の場外のお寿司屋さんで働いている人がいて、ゴールデンウイークの時などは、手が腱鞘炎になるほど、寿司を握るのだとおしゃっていました。

それだけの需要があるのだから、豊洲市場のせめて飲食店舗だけでもオープンすると、もっと繁盛しそうな気もします。

 

せっかくのお休みの日曜日、美味しい寿司を食べて、のんびり買い物して過ごしたいですよね。

日曜日に朝食食べるなら、やっぱり築地市場場外ですよ~

築地の守り神、今も守ってくれてるかな?

築地の波除神社はパワースポット?2018つきじ獅子祭りご利益で厄除け商売繁盛!

スポンサーリンク


コメント