ディズニーシー夏の服装と持ち物必需品はこれ!子供はビーチサンダル危険⁉

ディズニー

ディズニーシー夏のパイレーツイベント、手ぶらで行ったら後悔しました!(>_<)

ショーだけでなく服装や持ち物、靴や着替える場所、グッズも極めていかないと1日台無しにしてしまうかも。

また暑い夏を乗り切る為のコーディネイトも考慮して、楽しいショーで祭り気分を楽しむ為にも、ビーチサンダルは危険!?

私が犯した失敗とは!

どうぞご覧ください♪

  

ディズニーシー夏の服装要注意!

ディズニーシーは千葉県の南に位置する海に面した場所にあります。

その為、夏であろうとも涼しいかもと思われるかもしれませんが、夏はやはり空から降り注ぐ太陽の日差しが半端ありません。

特に2018年の異常気象はご存知の通り、熱中症で倒れる人が続出しています。

ディズニーシーはアトラクションに並ぶ時や、屋外でショーを見る時はもろ日差しを受けますので、しっかりと夏のファッション対策をしていきましょう!

 

トップス【大人編】

一番おすすめは、やはりTシャツです。

但し通気性の良いものを選びましょう。

分厚くて通気性のないものだと、汗がこもって熱中症になってしまうかも。

熱中症予防には運動後の牛乳!?ためしてガッテンの対策方法いつ飲むのが最適?

 

売店でもミッキーのTシャツやハーフパンツなどのグッズが売っているので、それを買って着替えるのもあり。

 

あまりに暑い日は、ノースリーブの方が脇が涼しくていいですが(脇に通気性があると臭いが抑えられるだけでなく、熱がこもるのを防ぐ事も出来ますよ)しっかりと日焼け止めを塗って下さいね。

私はノースリーブと肌の境目に日焼け止めを塗るのを忘れて、変な日焼けの跡がつきました(;゚Д゚)

 

更に1枚羽織るものがあるといいかも。

夜になると涼しい風が海から吹いてきて、気温によっては肌寒く感じるかも。

また、暑いから涼もうとショーや建物の中に入ると逆に寒くなる事もあるかもしれません。

 

とは言え、2018年は気温が異常なので、建物の中が寒いと感じたアトラクションは一つもありませんでした。

 

パンツ【大人編】

これも薄手の通気性の良いものをおすすめします。

夏だとハーフパンツの方がいいかも。

 

ハーフパンツだと蚊に刺されてしまうのでは?と心配になりますが、

ディズニーには蚊がいない気がします。

 

私は蚊に刺されやすい体質なのですが、いつもディズニーでは刺されません。

ただ、色々調べてみると実際に蚊に刺された人も少なからずいるようですが、ほとんどの人が

「何故ディズニーには蚊がいないの?」

という質問をしています。

 

恐らくですが、蚊という生き物は水場で産卵し増えますが、ディズニーでは水場の清掃や管理をしっかりと行っているからではないでしょうか。

※全く刺されないという訳ではなさそうです。

蚊の本当の正体とは?

 

その為、普段公園など蚊が多そうな場所と比べると、安心してハーフパンツになれそうです。

女性の方はワンピースが涼しくていいですが、風でスカートがめくれたりする事を思うとパンツ系をおすすめします。

パンツでも通気性の良いパンツが絶対的におすすめ!

デートならワンピースでもいいかも♪

<<ディズニーで生理 ナプキン対策や穴場のトイレを紹介

 

靴【大人編】

確実にスニーカーもしくは歩きやすいサンダル(ペタンコ)がおすすめ。

間違ってもヒールのあるものや、見た目だけを気にした靴を履かない方がいいです。

 

ディズニーシーはとにかく歩きます。

普段歩かない距離を歩くので、疲れにくい靴で行動しましょう。

 

ただ夏はスニーカーだと足が蒸れてくるかも。

最近かなり通気性の良いスニーカーや軽い靴もたくさんあるので、そういう靴だと夏でもニオイを気にせず、また涼しくていいかも。

 

ビーチサンダルは履きなれたクッション性の強いものがおすすめ。

またビーサンの裏側を確認して、滑りにくいギザギザがあるものがいいですよ。

 

スポンサーリンク

 

服装【子供編】

幼児は着替えを必ず1セットは持って行ってあげた方がいいかと思います。

夏は暑いので汗もかきますし、Tシャツがびちゃびちゃのままだと汗疹の原因にもなります。

子供の着替えはコンパクトなので、持ち運びも楽ですよね。

 

ただ小学生のキッズだと、着替えはいらないかな?

うちの小学1年生の息子は1回も着替えませんでした(夏休み)

 

うちのこどもの服装は

  • タンクトップ
  • 短パン
  • クロックス

で夏の猛暑をディズニーシーで過ごせたので大丈夫かも。

 

但し!

こまめに涼しいアトラクションに入ったり、外で並ぶ時は常に水をかけてあげていたりはしていたので、その辺の配慮はしてあげて下さいね!

 

そして子供はビーチサンダルはやめた方がいいかも。

指の間が痛くなったり、ビーチサンダルの厚みがないペラペラのものは、足が疲れてしまう可能性もありますよ。

 

クロックスでさえ、最後の方は足が痛いと言っていました。

多分歩き疲れもあるかと思いますが。

 

パイレーツショーに参加する場合の服装

これに関しては、別の服装を1着用意する事をおすすめします。

 

夏のイベントパイレーツオブカリビアンの「パイレーツ・サマーバトル ゲット・ウェット」は「濡れる」というレベルではありません。

普通に雨が降ってもそんなに濡れないだろうというレベルのずぶ濡れ具合になります。

 

ディズニーマニアの人に聞くと、2018年のパイレーツショーは今までよりも更にパワーアップしたそうで、とにかく濡れるとの事。

服から水がしたたり落ちます&絞れます。

 

今回私がパイレーツショーに参加してみて勉強になった服装は

  • 子供 → 水着
  • 大人 → ショップでミッキーTシャツ&短パン購入で着替えて参加

している人が多かった事。

※大人は水着禁止です(男性のハーフパンツ並みに履くのはありかも?)

 

子供は全身水着で参加している子達が結構いました。

水着なら荷物にもならないし、いいですよね。

水中メガネをつけている子供もいましたよ。

 

それ以外は

  • レインコートを着る
  • レジャーシートを被る
  • 完全に全身濡れるのを楽しむ

人もいました。

 

参考になるか分かりませんが、私は初めてパイレーツショーに参加するとの事で

ずぶ濡れになってもいい乾きやすいナイロン製の服

を上下着ていきました。

 

どういうものかというと、イメージとして「テロテロ」の生地です。

水に濡れてもすぐに乾くタイプのやつですね。

 

涼しいし、濡れてもすぐ乾くしでいいかな~と着ていきましたが、それが大正解。

夏なのですぐに乾きました。

 

靴はビーチサンダルやクロックスを履いて参戦している人が多かったですよ。

ディズニーシーのパイレーツショーに参加する時は、見た目よりもイベント重視ですね(笑)

 

ちなみに着替える場所は、皆さん湖近くのトイレで着替えていました。

一番近いトイレは

湖から少し入り口に戻った場所

が一番近いとキャストの方に教えて頂きましたよ(*^-^*)

 

スポンサーリンク

ディズニーシー夏の持ち物必需品

  1. 汗拭きタオル
  2. うちわ
  3. 風の出るもの(小型扇風機)
  4. 着替え(子供)
  5. 飲み物
  6. 帽子

飲み物は、近年のディズニーは持ち込みOKなので夏だったら凍っているジュースがおすすめ。

ディズニーでは凍ったジュースは売っていないので(スムージーや氷の入ったドリンクは販売しています)私は熱中症対策として凍っているジュースを6本持って行きました(激重)

 

ですが、結局夜には全てなくなったのと、どれだけ保冷をしていっても夕方には全て溶けてしまっていました。

もちろんディズニーで購入するのがベストなんだろうとは思いますが、2018年の猛暑は水分を欠かさないように親が配慮していってあげて下さいね!

 

帽子も大人は被っていない人が本当に多いですが、夏は危険ですよ!

 

スポンサーリンク

ディズニーシーでビーチサンダルは危険!?

実は私、シーにビーチサンダルで行きました。

パイレーツショーで濡れる気満々でしたし、ポートディスカバリーにあるアクアトピアのアトラクションに乗るなら、濡れてもいい歩きやすい履きなれたビーチサンダルで行ったのです。

 

その日は夏休みの平日で、猛暑が続いていた暑い日。

お昼ごろ、にわか雨が降ってきました。

結構な量の雨でしたが、夏の暑い日だった事もあり、傘もささず「気持ちイイね~」なんて言いながらマーメイドラグーン辺りを歩いていたら・・

 

 

滑ってこけました(笑)

マーメイドラグーンやミステリアスアイランドの辺りの地面は、デコボコ道が一つもなく、またディズニー配慮の行き届いた清掃で下はツルツル。

そこで履きなれたビーチサンダルでツルッと滑ったのです。

 

またその時、ちょうど一人で歩いていて本気で恥ずかしかったです(;^ω^)

で、よくよく考えたら、その履きなれたビーチサンダルの裏はツルッツルだったんですよね。

履きなれ過ぎて、裏のギザギザが全くなくて(笑)

 

という訳で、ビーチサンダルがダメなのではなく、 ビーチサンダルの裏側がツルツルの物は危ないですよ というお話です(笑)

 

雨が降る事も毎日ではないと思いますが、夏は急なにわか雨とかありますよね。

またパイレーツショーでは、大量の水をまきますのでその時なども考慮して家族全員、特に子供のビーチサンダルの裏がツルツルでないかをチェックしてディズニーシーを楽しんで下さいね!(笑)

 

まとめ

ディズニーシーに行くとき、洋服や持ち物って迷いますよね。

2018年は7月から猛暑続きで8月も暑いまま。

外の気温と室内での気温で、服装や持ち物も本当に困りますね(>_<)

9月もこのままの気温でいくのか・・・

 

とりあえず家族全員熱中症にならないように、対策だけはしてあげて下さいね。

夏のファッション対策として参考にして頂けると幸いです♪

 

特にパイレーツのショーは着替える場所や時間、靴、グッズも重要なのでしっかり準備していけるといいですね(*^-^*)

ディズニー配慮!妊婦は駐車場優先♪特典や待遇に妊娠証明書は必要?

スポンサーリンク


コメント