熱中症予防には運動後の牛乳!?ためしてガッテンの対策方法いつ飲むのが最適?

健康

夏で不安なのは熱中症!

実は熱中症を防ぐには、暑さに強い体を作るのが鍵。

その為には暑くなる前に調整していかなくてはいけないのですが、熱中症予防には運動と牛乳がいいらしい・・。

いつ飲むのがいいの?

ためしてガッテンで勉強した熱中症対策とは!?

熱中症予防に運動後の牛乳!?

夏が近づき暑くなると、心配なのは熱中症。

熱中症とは、暑い空間で体温が上がり、汗をかいて体温を下げようとする為に脱水症状がおこる事。

 

夏の暑い外だけでなく、室内の温度・湿度の高い空間でも熱中症になる事もあります。

 

そうなんです。

熱中症を防ぐには 体温調節が非常に重要。 

 

体温調節を上手にこなすには

「血液量を増やす」

のがポイント。

 

熱中症は子供から高齢者までかかる危険な症状ですが、 熱中症は強い体づくりで防ぐことができます。 

 

それは体温調節の鍵となる血液量を増やす事。

血液量を増やすのが、牛乳に含まれている

  • タンパク質
  • 糖質

なんです。

牛乳は

体温の調節機能改善

に大いに役立ち、暑さに負けない体を作ってくれます。

 

でも牛乳って、数年前に問題になりましたよね。

「牛乳は健康に良くない」

と。

 

学校給食で食中毒が起こったり、異臭問題が起きたり。

また牛乳の特徴でもあるカルシウムも、期待している程含まれていなかったり、飲むと不健康になるとまで噂された牛乳。

牛乳を飲むと背が伸びる説も、怪しまれていました。。

 

しかし、牛乳の成分にはこれだけの栄養素が含まれているのも事実。

タンパク質、ビタミン、ミネラル。

これらの成分だけでも充分、人間の体には役に立ってくれます。

 

でも何故運動後に飲むのがいいの?

気になりますよね。

それは後程・・・。

 

ちなみに、背が高い人達にアンケートを取ると、やはり

「子供の頃牛乳をたくさん飲んでいた」

との声が非常に多いのも事実なのです。

 

また、うちの子供達は牛乳が大好きで常に牛乳を飲んでいたら、グングン背が伸びているので、やっぱり牛乳効果は高い!?

 

スポンサーリンク

熱中症には牛乳!ためしてガッテンが証明?

NHKでお馴染みのためしてガッテンで、熱中症の予防対策として「牛乳が効果的」なのだと紹介していました。

熱中症の効果的な予防として、体内の水分を常に満杯にしておくこと。

人間は 筋肉がほとんど水分を持っています。 

 

その為、筋肉量が少ないと少しの暑さでも、脱水状態になりやすく、夏になってガブガブ水を飲んでも手遅れなのだそうです。

 

筋肉量の少ない人は、基本的に自分が筋肉が少ないとの自覚がないので、水分も取りません。

ある日、急に熱中症になり、気付いたら手遅れという事も実際にあるようです。

大切なのは「常に」体内の水分を一杯にしておくこと。

暑くなってから水分補給しても手遅れです。

 

という事は筋肉を適度につけておくことが重要。

では筋肉をつける運動だったら、どんなものでも良いのか。

 

一番良いのは、日ごろ自分が慣れ親しんでいる運動。

ジョギングや散歩、水泳などでも充分良いのですが、ためしてガッテンで推奨されているのはインターバル速歩。

インターバル速歩とは

  • 早歩き3分
  • ゆっくり歩き3分

を30分程繰り返す運動。

 

インターバル速歩で筋肉をつける事で、熱中症予防に繋がり、生活習慣病予防・改善にも効果的なの。

 

筋肉をたくさんつける事で、水分保持にも繋がり熱中症対策に効果的。

 

ちなみに、自分が水分不足なのかどうか見極めるには

  • 便秘気味
  • 口や脇の下が渇いている
  • 最近急に体重が落ちた
  • 手の甲をつねると、3秒以上跡が残る

場合は要注意だそうですよ!

 

そういえば、靴下の後が残るのはむくみがひどいからだと言われていましたが、むくみも水分不足が原因です。

上記以外でも

「靴下の後が残って中々消えない」

という人も水分不足が当てはまるかも。

 

スポンサーリンク

熱中症対策の牛乳いつ飲むが効果的?

インターバル速歩の後に乳製品(牛乳含む)を飲むと、より筋力がアップするとの事!

これが運動後に牛乳を飲んだ方が良いという理由です。

 

運動後に牛乳を飲むことで、何と約5ヶ月で平均8%の筋力がアップするのだとか!

 

この時の乳製品の摂取量は、タンパク質10~12g程度。

 

ん?どのくらいなんだ?

と思いますが、

「多めに摂った方が効果が高い」

との事なので、食べ過ぎないよう程々に食べるといいです。

 

この運動後の牛乳ですが、夏の暑い時期にチャレンジしても遅いのだとか。

暑くなる前に、熱中症になりにくい身体を作る為に

 汗ばむ程度の運動をした後に、すぐに牛乳を飲む 

という習慣をつけて、血液量を増やしておくことが重要。

 

運動が外の場合、牛乳を持ち歩くのが難しければチーズなどの代用でOK。

特に、大人よりも

  • 子供
  • 高齢者

は夏になる前、もっと言えば梅雨に入る前から準備しておきたい。

軽く運動して牛乳、試してみてね!

 

外で運動する場合は、日焼け対策気を付けて下さいね!

運動する前に日焼けする野菜や果物を食べてしまうと、後悔してしまうかも!

 

まとめ

熱中症を予防する為に、運動後に牛乳を飲めばいいなんて、お手軽で簡単♪

すぐに牛乳を飲む為にも、出来れば自宅で軽い運動ができると一番いいですよね。

 

また夏程お風呂で湯船につかってリフレッシュ!

むくみや冷えを防ぐ効果的なミントのバスソルトとは?

ミントで夏の大敵ニオイを防ぎ、夏の疲れをとるグッズとは?

 

柔軟やストレッチ、YouTubeでのダンス、体を動かすゲームなどで工夫できると、ためしてガッテンのように、いつでも牛乳やチーズなどの乳製品を食べれるかも。

熱中症対策、始まってますよ~

夏バテを促進する飲み物とは

スポンサーリンク


コメント