酒は特効薬!しかし二日酔いは毒薬・・前もって対策すれば吐き気・頭痛なんて起こりません。

健康

前回しじみのオルニチン効果で二日酔いを防止するブログを書きましたが、今回はオルニチン以外の成分での二日酔い防止サプリメントを紹介。

二日酔いが続くことによって起こる体の変化をお伝えします。

 

二日酔い防止サプリメントって?

特許成分をはじめとした、天然植物メインの最新成分を配合した【エカス】

 

エカスには

  • 特許取得成分アルコケア
  • コメコサノール
  • ケンポナシエキス末

という成分が入っています。

 

何を目的としたサプリメントかというと、

アルコール代謝をサポートして二日酔いを防止するサプリメントです。

エカスの詳しい成分を確認する

 

エカス開発の由来

実はエカスを開発するにあたり、何と4年もの月日をかけて研究してきたそうで、飲みすぎを対策していくのは、今後非常に大切な事なのだと、医学博士は語ります。

 

お酒を飲むこと自体は悪い事ではありません。

  • 適量の酒はぐっすり眠れる
  • 精神的にも安定する

という効果もあり、特効薬にもなるからです。

 

二日酔いが原因で起こる不調

お酒の飲む量が自分の適量を超えてしまうと、二日酔いになります。

それが続くと、二日酔いどころか頭痛、疲労など通常の生活に健康被害が出てくるようになり、体調不良から精神的にも不安定になってしまう可能性も出てきます。

 

お酒の飲む量はそんなに多くない人でも、飲むときの体調が良くなかったり、疲れていると体内でアルコール分解が上手くできません。

 

そうすると少量の酒でも二日酔いになってしまい、更なる体調不良を引き起こしてしまう悪循環に陥ってしまうのです。

 

どういう時に二日酔い対策をすればいい?

二日酔いは、色々な原因が重なってなってしまうものでもあるんです。

 

今日は楽しく飲みたいな!(飲み過ぎちゃうかも・・・)

今日は疲れてるから飲みに行きたくないけど上司に誘われたから(無理やり飲まされそうだ~(>_<))

 

この「疲れている時」が要注意で、このような時に無理にアルコールを体内に入れてしまうと、体内は拒否反応をおこしてしまい、アルコール分解を行う事ができません。

 

また、上司など気の使うストレスのたまる相手と飲む酒ほど、まずいものはありません。

精神的にも疲れる事で体調のよくない内臓に更なる負担をかけてしまい、体内は悲鳴を上げている状態。

 

それでもどうしてもお付き合いをしなければならない時ってありますよね。

 

どういう時に、前もって二日酔い対策をしておくと、次の日にも爽快に仕事に行くことができます。

  • 最近睡眠不足
  • 激務で疲れている
  • 飲む相手が最悪
  • ストレスを常に抱えている

という場合には、前もって二日酔い対策を心がけるべきです。

思いもかけぬ頭痛や吐き気を回避する事ができるので、精神面でも楽になります。

 

二日酔い対策におススメなのは?

巷で噂の、

・お酒を飲む前には牛乳を飲む

・おつまみに枝豆を食べる

など、胃に膜を張ったりする方法もありますが、調子にのると抑制がきかないのが、アルコールの怖さ。

 

私の知人の薬剤師さんは、二日酔いにならないように、飲み会の前に必ず飲む「薬」があるのだそうです。

その薬は、アルコールを分解してくれるものだそうで、どれだけ飲んでも二日酔いにならないとか。

※実際に一緒に散々飲んだ次の日、私は上から下から出ている状態でもケロッとしていました。

 

この薬の内容は教えてもらえませんでしたが、恐らくアルコール分解する薬なのではないかと思います。

薬のプロである薬剤師さん、さすがきちんと二日酔い対策をされていますね。

 

私達一般人でもちゃんと二日酔い対策できるように、今では数々の二日酔いサプリが販売されています。

 

その中でもエカスは、お試し3回分がたったの500円なんです。

それも送料無料・税込み。

 

 

こんなに安いのなら、とりあえず試してみる価値ありです。

※エカスの詳しい詳細はこちら

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク

コメント