睡眠5時間で目が覚める!起こりうる3つの病気と原因・対策は⁉

健康

たまたまラジオを聞いていたら、睡眠からくる病気があると知り、耳が釘付けに。

何と睡眠5時間以下だと

  • 脳卒中
  • 心臓病

などの病気を招くのだそう!!!

 

更に更に腰痛も睡眠から来るんだって!

睡眠不足になると、どんな症状が出てくるのか

また対策はあるのかお伝えします。

スポンサーリンク

睡眠5時間以下で起こりうる3つの病気

睡眠が5時間以下だと

  • 脳卒中
  • 心臓病
  • 糖尿病

になる確率が通常よりも2倍になるのだと言います。

 

更に

  • 腰痛
  • 肩こり
  • 目の疲れ

にも影響を及ぼします。

 

更に更に

  • 倦怠感
  • 不安感
  • メンタル

も弱ってしまい、病気になりがちになります。

 

睡眠不足がこんなに様々な症状を引き起こすとは・・・!

「だったら寝ればいいんじゃないの?」

と思いますよね。

 

そうはいっても様々な環境状況があります。

  • 仕事が忙しすぎて寝る時間がない
  • 出産したばかりで3時間おきにしか寝れない
  • 体調が悪すぎて逆に寝れない
  • ストレスで目が冴えてしまう

などなど子育て・仕事で忙しい人から精神面での睡眠不足など、原因は色々。

まずは原因をしっかりと把握して、そして改善対策方法を見つけましょう。

 

スポンサーリンク

睡眠5時間で目が覚める!この原因は?

  • ぐっすり寝れない
  • もっと寝たいのに5時間ほどで目が覚めてしまう

この原因はこれらが当てはまります。

 

  1. ストレス
  2. 寝る前のスマホいじり
  3. 生活環境
  4. 年齢

 

1. ストレス

ストレスが溜まると自律神経が乱れます。

自律神経が乱れると、眠りを妨げてしまうのです。

やっと寝れたとしても、神経が乱れていると常に興奮状態に。

その為、寝てもすぐに目が覚めてしまうという事が続き、ますますイライラが募り寝れなくなります。

 

  • 職場でのストレス
  • 人間関係のストレス
  • 食生活でのストレス

など抱えるストレスは人それぞれ。

 

  • 中々寝れない
  • すぐに目が覚めてしまう

という人は、ここ最近ストレスが溜まっていないか、今一度チェックしてみては?

 

2. 寝る前のスマホいじり

スマホから出ているブルーライトに睡眠を妨げる効果があると言われいます。

寝る前は基本的に部屋を暗くします。

もちろん外も暗いので、人間の脳は

「今は夜ですよー」

という認識となり、睡眠を促していくわけですが、スマホの光を見ることで

「まだ昼ですよー」

という指令を脳に出してしまうのです。

 

昼は人間の身体で言うと活動期。

まだ寝る時間ではない、と脳が認識し、寝れなくなることも。

これこそまさに【体内時計のずれ】に繋がります。

 

私もよくあるのですが、寝れないからといってもスマホを見てしまうと、そこから目が覚めてしまい、1時間以上も携帯を触っていました。

そしていざ寝ようと目をつぶったら、眼の奥がチカチカするんですよね。

 

余計に寝れなくなり、朝も早く目が覚めてしまいました。

こんなことが毎日続くと確実に睡眠不足になります。

要注意です。

 

3. 生活環境

一番の生活環境は仕事ですよね。

定時で帰れる仕事もあれば、毎日残業残業で終電。

ゆっくり寝たいけど、朝も早いし寝る時間がない。

 

また

  • 子育てで忙しすぎて寝れない
  • 子育てと仕事の両立
  • 親の介護

などなど寝れない環境もストレスとなります。

この場合は、すぐに改善というのは難しいですね。

 

4. 年齢

歳を取るとメラトニンと言う物質が減少します。

メラトニンとは、脳から分泌される睡眠ホルモンのこと。

 

光が弱くなる夕方頃からメラトニンは増え始め、午前2~3時頃にはピークに。

その後、朝に向かい分泌量は減少。

 

そのメラトニンの分泌量は

  • 生後約3ヶ月まではごく少量
  • 6~7歳頃には成長と共にメラトニンが最大量に増加
  • 思春期を迎える16歳頃から徐々に減少

となります。

 

加齢が進むと、どうしてもメラトニンが減ってしまうので、睡眠障害が起きてしまうと言うわけです。

 

スポンサーリンク

睡眠不足で病気になるのを防ぐ対策方法

ストレス

ストレスを溜めない方法って難しいですよね。

生きていれば不快な思いをすることもありますし、辛いこともあります。

でもその時々をどう乗り越えるかで、ストレス度合いが違ってくるんです。

 

  • 嫌な事があれば、今の自分に今必要な出来事が起こったと捉える
  • 辛いことがあれば、人生を乗り越える為の試練だと捉える
  • 苦手な人がいれば、自分は周りに嫌な思いをさせていないだろうかと今一度見直す

など、全てをプラスに捉えれば、気持ちも自然とプラスになります。

 

またスマホもリラックスしているようで、全然していません。

体内時計を確実にするためにも

夜は触らない

を実行するようにすると、改善していきます。

一つずつでもトライしてみていって下さいね^^

 

生活環境

これを変えるのは本当に難しいですよね。

  • 仕事を辞める
  • 子育てを放棄する
  • 家事を放棄する

など、現実では到底無理な事ばかり。

 

だけど、これも気持ちの持ちようです。

仕事を辞めるって、崖から飛び降りるようなことです。

 

でも、今の仕事本当にあなたの人生に必要ですか?

やりがいもなく安月給で、上司にモラハラされて・・・

だったら一度人生を見直した方がいいかもしれません。

 

今の時代、転職は当たり前です。

転職で給料が3倍になった人もいます。

 

また、子育てはとっても大切ですがやはり辛いこともありますよね。

そんな場合の私なら、という方法なんですが。

親子で取り組める習いごとを一つ始めるのも一つの方法。

 

その習い事で楽しく会話が弾むこともありますし、また

「あの子が頑張っているから私も頑張ろう」

と思えます。

 

更には、自分も働きにでること。

もちろん保育園や学童と言った問題はありますが、そんなのは働くと決めたら大抵解決するものです。

 

自分が外に出て働くことで、気持ちがリフレッシュしてまたフレッシュな気持ちで子育てに望めます。

気持ちのメリハリもつくので、パートからでも外に出て見るのも一つの方法です。

 

家事は簡単♪

今は家事代行というサービスがたくさんありますから、そちらを利用するという手があります。

気軽に安く利用するなら【CaSy】

1時間2,190円(税込み)から対応してくれて、自分に合った家政婦さんをマッチングしてくれます。

 

急な依頼にも対応してくれるので、直前にお願いするか決めれる所と、家事代行スタッフさんと直接やり取りもできちゃいます。

この辺を利用しながら、上手く手抜きすることも大切。

 

年齢

年齢は変えられません。

しかし健康維持は出来ます。

常日頃から

  • 適度な運動
  • 食生活

を意識しながら、昼間は太陽の光をしっかり浴びて健康的な生活を目指しましょう^^

まとめ

病気になってからではなく、事前に対処していくこと。

これがとっても大切です。

睡眠不足の一番の敵は「ストレス」です。

ストレスフリーな人生、めざしましょう^^

スポンサーリンク

コメント