高齢出産のリスクとは⁉なぜ発達障害やダウン症・障害者が多いの?

健康

女性の高齢出産は35歳以上だと言われていますが、初産なのか経産婦なのかによってもまた状況が違うともいわれています。

ではなぜ35歳以上が高齢出産とされ、また高齢出産は

  • 発達障害
  • ダウン症

など障害をもつ子供が増えるのでしょうか。

高齢出産のリスクとは?40代の初産のリスクは何故?

スポンサーリンク

高齢出産のリスクとは⁉なぜ発達障害やダウン症・障害者が多いの?

高齢出産のリスクが高いと言われる理由として

出産に辿り着く確率が低い

ということ。

特に早産が懸念されます。

 

その他、母体のリスクとして

  • 子宮筋腫など婦人病を合併しやすい
  • 妊娠高血圧、妊娠糖尿病など中毒症の発生リスクの上昇
  • 子宮口や産道が固く(柔軟性がひくく)なり、帝王切開になるリスクの上昇
  • 前置胎盤、逆子、常位胎盤早期剥離などの懸念
  • 微弱陣痛、異常出血などで難産になりやすい
  • 産後の回復が遅い

但し、これらのリスクは20代女性でも起こりうる状態なので、高齢だからというくくりで分けるのも疑問の一つ。

 

現に私は長男・次男を20代で出産していますが、次男の時の産後の回復が遅く、微弱陣痛も続きました。

体質もあるかと思います。

 

赤ちゃんのトラブルとして

  • ダウン症など染色体異常をもつ赤ちゃんの確率の上昇
  • 未熟児、低体重、仮死児になりやすい
  • 子宮内胎児発達遅延になりやすく、胎児死亡、周産期死亡が心配される

以上が代表的なリスクです。

 

高齢妊娠における先天異常のリスクは、 女性・男性両方の要因によって生じます。

先天異常の中で、女性の加齢が影響しやすいのは、ダウン症などの染色体異常。

ダウン症の原因として、ごくまれに遺伝的要素の場合を除き、ほとんどは精子又は卵子が形成される時に、染色体の分裂が正常に行われなかったことによる染色体異常が原因。

染色体は、人間の身体を形成している細胞を司る働きがあり、これが1本でも「増加または減少」すると本来の働きが行えなくなります。

 

染色体は通常46本から形成。

しかしダウン症の場合は、21番目の染色体が1本多くて47本。

 

ほとんどのダウン症は、卵子か精子ができる時に染色体の分裂がうまく行われずに生じる病気。

もう一つの原因として、受精卵の発育初期の分裂異常があります。

この異常分裂がなぜ起こるのかという原因は、未だ謎なのだそうです。

 

無事に生まれてきた子供に障害があった場合、その原因が高齢なのかどうかの因果関係は認められる場合と断定できない場合があります。

高齢出産で一番リスクが高いと言われているのが、ダウン症ですが心疾患やその他身体的な疾患は生まれてみなければ分からないことも多いのが現状。

 

それらの原因全てが母体が高齢だから、という関係性はありません。

実は染色体異常による障害は精子の老化が原因である場合の方が多い。

 

そのほとんどが、妊娠中になんらかの異常が発見されて、出産にまで辿り着けないケースの方が多い。

ただ、稀に出産に至る事も当然あり、それが染色体異常に繋がるのです。

スポンサーリンク

高齢出産での胎児のリスクは?

高齢出産で一番多いのが、早産。

通常ならば、ママのお腹の中で10ヶ月赤ちゃんを育てて出産に至るわけですが、高齢の場合、早産の確立が高いと言われています。

 

早産の何がいけないかというと、赤ちゃんはママのお腹の中にいる10ヶ月の間に内蔵や脳などを作っていきます。

産婦人科の先生に聞いた事があるのですが、8か月でちょうど全ての人間の基礎が出来上がるのだと。

なので、8ヶ月以降ならまだ出産しても安全だけど、8ヶ月よりも前に出産してしまうと、どうしても障害がある子供になりやすいのだと言われました。

 

これが胎児へのリスクですよね。

ただ、早産は体質にもよるものだと言われました。

妊娠中、ちょっとでも動いたら出てしまう人って年齢に限らずいるんです。

 

実は私自身が早産体質で、20代の時の出産では8ヶ月で陣痛がきてしまい、陣痛を止める点滴をしながら1ヶ月入院しました。

結局、長男9ヶ月、次男8ヶ月で産まれています。

 

高齢だから早産しやすいという説は、体質によるものだと個人的には思っています。

また、高齢だと子宮の中で赤ちゃんがちゃんと育たないのではないかというリスクですが、それも母体次第です。

 

たまにいませんか?

妊娠中たばこを吸っていたり、お酒を飲んでいる人。

あれも早産の原因になります。

で、そういう事をする人に限って、若い人が多い。

 

高齢の人の方が身体をいたわり、健康にも気遣う人が多いので胎児へのリスクと言っても、よほど持病を抱えているなどを除き、ママとなる本人次第なのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

高齢出産40代初産のリスクは?

先ほどの染色体異常などを除き、出産する時の体力も問題となってきます。

出産は、男性だと気絶してしまうほどの痛みを伴います。

私自身も、陣痛と出産の痛みに耐えきれず、何度泣き言を言ったか分かりません。

 

その中で、3人目を30代で出産した時に感じたのは、体力がどれだけ必要かということ。

陣痛に耐えかねて、途中何度も気絶しそうになり、8時間かけて出産しました。

 

40代で出産となると、どうしてもこの陣痛との戦いが勝負となり、最後の踏ん張りがきかない可能性があります。

また、それに耐えきれず母体に影響が及ぼす可能性も高い為、帝王切開になることも多いのだとか。

 

ただ、近年無痛分娩で出産する方法もあるので、体力に自信がない場合は普通分娩よりも無痛分娩にするなどするといいですね。

また、40代でも元気に出産している人もたくさんいるので、そこまで過剰に心配する事もないです。

私の周りにも40代ママたーくさんいます。

みなさん、とても元気なので日々の健康とリラックスを心掛けておくといいですよ^^

まとめ

個人的見解ですが、赤ちゃんのトラブルも、母親の体質によるものかと思います。

うちは長男も次男も仮死で産まれていますし、次男は未熟児でした。

私が20代の時です。

次男は成長も遅く、色々と問題もありましたが今は元気に育っています。

高齢出産は確かに様々なリスクはあるかもしれませんが、母体の方が重要なのではないかとも思います。

スポンサーリンク

コメント