遺伝子検査ダイエットアザラシ型の特徴と体質!効率よく痩せるには?

美容

遺伝子検査をしてからダイエットすると、確実に痩せやすいと評判ですが、アザラシ型の人はどういう食生活で、どういう生活をすれば効率よく痩せる事ができるのでしょうか。

一番太りやすいと言われているアザラシ型タイプを徹底解明!

スポンサーリンク

遺伝子検査ダイエットのアザラシ型とは?

糖質や資質の燃焼が弱く、筋肉も付きづらい一番太りやすい体質の事をアザラシ型と言います。

運動しても、食事制限しても何をしても太ってしまう人・・・そう!そこのあなた!

あなたがアザラシさんです。

 

アザラシ型の一番の特徴は脂肪燃焼が悪いという事。

代謝が悪いので内臓も冷えやすく、筋肉もつきにくいので体も衰えやすく、食べた分だけ太ります。

 

男性のアザラシ型は、糖質分解が特に弱いので、甘いものを食べると一気にドカンと太る可能性大。

もちろん、女性も糖質燃焼が弱いので甘いものは避けた方が良し。

 

ではアザラシ型はどのようなダイエット方法を取るべきなのか!?

アザラシ型おすすめダイエット方法

脂肪燃焼が弱いアザラシ型の特徴として、内臓が冷えやすいとあります。

また身体を冷やしやすいという特徴から、下半身に脂肪がつきやすいのもアザラシ型の特徴。

 

内蔵が冷えやすいという事は、身体を温める食べ物を積極的に食べる事で、内臓を温める事ができますね。

なのでアザラシ型タイプは、体がポカポカする食べ物を食べるのがおすすめ。

 

また身体が冷えやすいという事から、カロリー消費も他のタイプと比べて少ないので、通常よりも多く、そして確実にカロリーを消費できるような筋トレ運動などがベスト。

 

無理やり走りまくるのもいいですが、しっかりと筋肉をつけながら、確実にカロリーを消費する方法が向いています。

筋トレでもきつめのやつです。

 

また、体内のリンパや血液の流れを良くする事で、むくみも解消し、身体も温まるのでマッサージもすると尚良し。

 

この事から、アザラシ型は全身を駆け巡る血液の流れを良くして、適度な筋肉をつけておくのが最適のダイエット方法となります。

 

またアザラシ型は冷え性が多く、手足が常に冷たい末端冷え性にもなります。

  • 体内の冷えを防ぐには、食事が大切
  • リンパの流れを良くするには、マッサージや筋トレが大切

となります。

 

という事は

  • 身体を冷やさず
  • 身体を温める食べ物を食べて
  • しっかりと筋肉をつけて
  • 運動を欠かさない

これさえすればアザラシ型は効率よく痩せる事ができる!という事なんです。

では身体を温める食べ物おすすめは何でしょうか?

 

身体を温める食べ物

野菜編

  • 生姜
  • ねぎ
  • にら
  • にんにく
  • 玉ねぎ
  • れんこん
  • ごぼう
  • 人参
  • 山芋
  • かぼちゃ
  • 白菜
  • 唐辛子

土の中で育つ根菜類が主に体を温めると言われています。

また冬の旬野菜も身体を温めてくれます。

白菜は正に冬野菜の代表とも言えますものね。

果物編

  • りんご
  • みかん
  • ぶどう
  • さくらんぼ
  • プルーン

ここに上がっているフルーツは、ほとんどが東北地方がメインの物たち。

やはり冬に強い野菜や果物は身体を温めてくれる傾向にあるようです。

魚編

  • 赤身の魚
  • タコ
  • アサリ
  • 小魚

肉編

  • レバー

タンパク質

  • チーズ

大豆編

  • ピーナッツ
  • 黒豆
  • 小豆

その他

  • ゴマ
  • 味噌
  • はちみつ

 

糖質分解できない男性へのおすすめ

糖質分解は年齢を重ねるごとに、しづらくなってきます。

元々代謝の悪いアザラシ型が、歳をとって更に分解しづらく、糖質をとるごとに太る太る…。

それを解消するために運動や食事制限をしなければいけないのですが、それはきびしい!という場合は、こちらで代用してみて下さい。

 

身体を温めたい女性へのおすすめ

 

これ楽天でめっちゃくちゃ人気です♪

飲むだけでポカポカになる上に、鍋のだし汁に使っても良し!

料理でも何でも、スポーンたった1杯で身体の内側から温めてくれます。

 

やっぱり身体を温める食材で人気一番と言えば生姜に勝るものはありません^^

まとめ

ダイエットをする時は、下半身中心に鍛えてマッサージしましょう。

とにかく体を冷やさないのがベスト。

冷やすとすぐに脂肪が固まってしまい、痩せにくくなってしまいますよ!

スポンサーリンク

コメント