夫婦仲が悪いのは風水のせい!?円満にならないのはリビングのインテリアが原因かも!

占い

夫婦で喧嘩が絶えない!

毎日旦那にイライラする!

という人は、もしかするとリビングに問題があるかも。

離婚はしたくないけど、今のままでは完全に気持ちが冷めてしまいそうという危機感たっっぷりの奥様は、一度リビングの風水を見直して下さい。

写真や棚、飾り物は大丈夫!?

スポンサーリンク

夫婦仲が悪いのは風水のせいかもしれない説

付き合っていたころはあんなにラブラブだったのに…

結婚したての頃はあんなに優しかったのに…今では喧嘩ばかり。

 

もしかすると、部屋の配置が運気を下げているのかも?

なんて思ったこと、ありませんか?

 

それ、正解です。

もちろん、それが全てではないかもしれませんが、家の中というのは密室なので、「気」が溜まりやすいんですね。

 

良い気が満ちていれば、愛情にも包まれるので気持ちも穏やかになり、相手を思いやる事ができるのですが

悪い気が満ちていると、ドンよりした空気が人間の気持ちに影を差します。

 

すると人間はどうなるかというと

ちょっとしたことでイライラしたり、相手を許せなくなったりするんです。

 

相手の行動言動全てがイライラするし、ケンカばかり。

夫婦仲を修復するのは、もはや不可能!

 

ではなく。

その前にまず

  • 玄関
  • リビング
  • キッチン
  • 階段

を見直してみましょう。

 

以外に運気を落とすアイテムを使ってしまっているかも。

■玄関の家庭円満方法はこちらにまとめてあります■

 

今回はリビングを改善していきますよ!

夫婦円満の風水秘訣!リビングでやってはいけないこと

リビングに置いてはいけないもの、置き方など注意したいことはこれ!

  1. 写真
  2. クッション
  3. ゴミ箱
  4. 花瓶

 

1. 写真

リビングに家族の写真を飾る人は多いですよね。

この時、写真のサイズはどのぐらいですか?

 

通常の写真サイズならば、どこに飾っても大丈夫。

でも、記念の写真などはA4サイズぐらいに伸ばしてデカデカと飾りたいですよね。

 

それ、絶対にダメ!です。

記念写真って、正面を向いていますよね。

 

写真の自分、もしくは家族と目が合うのがダメなんです。

実は大きな写真の人物を目が合うと気を吸い取られます。

 

なので、大きめの写真、しっかりと正面を向いている写真は飾らないようにしましょう。

 

但し、小さめの普通サイズの写真ならば、目が合っても大丈夫です。

 

また、写真を額縁に入れずに画びょうで刺して飾っている人。

今すぐやめましょう!

 

写真に穴をあける行為が✖。

写真は魂が宿るとも言われているので、画びょうで飾るのではなく、きちんと額縁に入れるようにしましょうね!

 

2. 棚

リビングに置いてある棚がアンバランスだと、これも夫婦仲が悪くなる原因に。

上にどんどん物を乗せて思い感じにするのではなく、下の段をしっかり埋める、もしくは、はみ出るぐらいのものを置くようにします。

 

下が安定すると夫婦仲も安定します。

どうしても上に物を置いてしまいますが、上は軽く、下を重く、というイメージで物を置いていきましょう。

 

3. クッション

ソファーに置いてあるクッション。

今何個置いてますか?

 

実はクッションの数も重要。

  • 偶数個なら〇
  • 奇数なら✖

です。

 

偶数は多くのパワーを補充してくれる力があります。

その為、今現在クッションが1個や3個の人は、急いでもう一つ買って偶数にしましょう!

ヌードクッション AIDUE

 

4. ゴミ箱

ゴミ箱は置き位置に注意。

すぐにゴミが捨てられるからといって、部屋の真ん中あたりに置くのはNG。

部屋の中央は、気が溜まりやすい場所。

 

良い気も全てゴミ箱に捨てられてしまいます。

ゴミ箱は必ず部屋の片隅に置きましょう!

 

5. 花瓶

リビングに花を飾る場合に、

  • 花が枯れてしまって新しい花を入れようとそのままにしている空の花瓶
  • とてもおしゃれだからと花瓶そのものをインテリアにしてしまっている

という場合。

 

ゴミ箱と同じ原理で、花瓶が気を吸収します。

これは部屋の中央に置いていなくても、です。

 

花瓶には必ず花を飾るようにしましょう。

お花を飾らない時は、必ずしまって下さい。

 

余談ですが、花は必ず生花にしましょう。

生花は悪い気を吸い取ってくれる働きがありますよ!

まとめ

リビングには観葉植物を置くのもおすすめです。

観葉植物も生花同様、悪い気を吸い取って空気を浄化してくれます。

部屋の間取りに余裕があるなら、観葉植物も育ててみて下さいね♪

スポンサーリンク

コメント