産後仕事に就くのに有利な資格と職種は?すぐできる仕事も紹介!

出産後

出産を終え育児にも少し慣れたころ、社会復帰について考えるママが増えています。

ただ独身の頃とは違い、就職も立ちはだかる壁があります。

そんな時、資格を持っていると就職率がぐっと上がるのをご存知でしょうか。

産後ママが社会復帰する場合、大切なポイントは

  • いかに効率よく
  • 無理なく
  • なるべく高いお給料

の会社に勤められるかです。

どんな資格が有利なのでしょうか。

スポンサーリンク

産後仕事に就くのに有利な資格は?

産後落ち着いたころから、社会復帰に向けて習得しておくと役に立つ資格でおすすめしたい資格は3つあります。

 

まず1つ目は、簿記検定です。

何故簿記検定なのか、それは経理事務だけでなく一般事務に就職を考えている場合でも、会社に必要とされる資格だからです。

 

簿記検定自体は商業科を卒業しているなら、授業として検定を受ける機会があったのはないでしょか。

簿記検定を持っていると会計の基礎的な知識が習得できますので、家計管理にも役に立ちますし、一般事務で入社しても経理に移動もしやすくもっていて損のない資格と言えます。

 

また、検定自体は年3回行われていますので、受験もしやすい事もママにおすすめのポイント。

こちら▼だと、最初に無料体験出来るので、自分でも出来そうかちゃんと見極める事ができますよ!

その他、事務系だと

  • 調剤事務
  • 医療事務

なんかもおすすめ!

難しければ難しいほど、将来的には有利なので産休を利用して頑張って資格を取れば、意外と定年まで働けるかも♪

 

資格ではないけれど就職に有利な技術は?

  • プログラマー
  • WEBデザイナー
  • 動画編集
  • ライター

個人的見解ですが、資格よりも【技術】の方が圧倒的に強いと感じています。

技術さえあれば、即即戦力になりますので、会社としてはその人を優先します。

なので、資格にこだわらずこの先の未来にはどんな技術が必要なのか、で考えていきましょう。

 

1. プログラマー

2,020年には小学校でプログラミング授業が始まりますが、実は大人でもプログラミングを学習する人が急激に増加中!!!

この先もIT社会はどんどん成長していくので、プログラマーは絶対的に職業として安心です。

また、プログラマーが圧倒的に足りていない現状も踏まえて、需要の高さではNO1とも言えます。

 

知っていますか?

40代からプログラミングを勉強しても、就職がないことを。

フリーランスで最初から働くのもいいですが、経験のない30代40代は仕事が中々回ってこないのが現状。

 

プログラマーの給料はかなり高額で50万円前後もざらです。

早い内に勉強して身に着けておくことで、将来的な投資になります。

 

また、いつか子供と一緒に何かを開発できるかもしれません。

未来が明るいプログラミングは本気でおすすめです。

ちなみにこのテックキャンプ、ユーチューブで有名な【まこなり社長】のスクールです。一度YouTube見て見てね♪

 

2. WEBデザイナー

プログラマーの次におすすめなのが、WEBデザインです。

実は、ママさんWEBデザイナーめっちゃくちゃ増えてます!!!

かつ稼げてます(笑)

 

女性はこういう感じのお仕事楽しいですよね♪

通信教育でも学べるので「プログラミングってちょっと難しそうかな・・・」と感じたら、こちらから入るといいかも。

 

ちなみにWEBデザインの仕事も、クラウド系では結構多くの案件があります。

-Design Hacks- 今日から使える実践デザイン講座

 

3. 動画編集

今流行りの動画編集。

こちらは男性の参入が多いイメージですが、顔を出すわけではないので、チャレンジしてみるのもいいかも。

 

知っていますか?

YouTubeの動画って、発信している人達は外注に頼んで編集してもらっているって。

自分で編集している人ももちろんいますが、実は凄く手間なんですね。

 

自分はどんどん動画を撮りまくって、編集は他の人にやってもらっているんです。

なので、動画編集は結構需要ありなんです。

-Movie Hacks- YouTubeに特化した動画編集講座

  • デザインハックス
  • ムービーハックス
どちらも同じ会社が開発しています。
かなり分かりやすく、尚且つ教材費も業界最安値でしょう。
分からない所があれば、質問もいくらでも出来るので初心者に優しい^^
※うちは【スキルハックス】というプログラミング教材を受講中ですが、本当に分かりやすいのでサクサク進めることが出来ています♪

 

4 ライター

ママさんライター急激に増えています!

  • 家でできる
  • 空いた時間にできる
  • 好きな事をそのまま記事にできる

などのメリットが多く、最初は単価が安い仕事でも、長く、そして結果を出す事に成功すると高単価でも通用します。

 

また

「記事なんて書いた事がない・・・」

というママでも、マニュアルありの会社が多いので、そこまでの不安はなし!

 

でも、どうせなら最初からいっぱい稼ぎたい!という人は、こちらに応募してみましょう。

テストがありますが、合格すると高単価のお仕事ザクザク!

  • 文章が書くのが好き
  • ストーリーを作るのが得意
  • 楽しく文字をかける
  • 趣味や特技がある

という人なら向いているかも!

産後の仕事におすすめの職種

産後のおすすめの職種は

  • 事務系
  • WEB系

です。

とにかく体をあまり酷使しない職業を選んでね!

もちろん、産後のママを考えての職業でもあるのですが、特にWEB系はこの先もどんどん需要が増えます。

 

最初は稼げないかもしれませんが、続けていくうちにコツなども掴んで一歩も外に出ずに収入を得る事ができます。

 

最近では、ライターが自宅でできるお仕事として大人気。

初心者でも登録して、仕事をもらいやすいのはクラウドワークス。

 

テレビや日経新聞などのメディアでも話題の日本最大級オンラインお仕事マッチングサイトです。

簡単なアンケートでも報酬が出るので、初心者からでも始めやすいのが特長。

 

資格を取っておくと有利な理由は・・・

私自身が妊娠から出産、職場復帰まで通信教育をする家計的余裕がなくて、品出しの職にしかつけなかったからです。

 

夜泣きもある育児の真っ最中で、体力の限界で職場で倒れかけることも度々あり、不正出血もあり、かなり体に無理をさせたと感じています。

 

スーパーのバックルームは冬は凍えるほど寒く、夏は耐え難い暑さの中で仕事をしますので、体調管理が本当に重要です。

土日も休みはもらえませんし、上司によっては子供の急病に理解がなく、休む事ができない事もありました。

 

また休めても、出勤すると上司からのキツイ当たりが待っていたりしました。

どの職業でも上司次第の所はありますが、できるだけママの体に負担の少ない事務系の職をおすすめします!

まとめ

産後は絶対に無理してほしくないです。

私は少し無理をしてしまった事で、長年「目まい」に悩まされました。

資格を取れるなら、取っておいた方が絶対的に数年後、楽できます。

絶対に必要とされる資格で、いつまでも仕事ができるようにしておきましょう!

また、在宅でできる仕事を確立しておけば子供が大きくなって、学校から帰ってくるのを見守ってあげる事ができますよ^^

スポンサーリンク

コメント