クリスマスで恥をかかない為のテーブルマナー

イベント

クリスマスディナーは決めていますか?

年に一度なので、出来れば雰囲気の良い所で豪華でなくても美味しい所がいいですよね。

今回は、せっかくの記念の日に雰囲気をぶち壊さないように、テーブルマナーを少しお伝えしようと思います♪

 

そもそもテーブルマナーって必要でしょうか。

フランス料理など海外料理は、ナイフとフォークが主役なので、どうしてもテーブルマナーを求められる感じがしますが、テーブルマナーとは、食事を美味しくいただくためにある動作です。

 

男女問わず、初めての人と食事に行く場合に、どれだけその人が良い人であったとしても、いきなりナイフで肉をグサッとさしてかぶりつかれたら、ちょっと引いてしまいますね。

 

和食であれ、洋食であれ、完璧ではないにしろ、楽しくお食事を頂くためには、ある程度のテーブルマナーはやはり必要となります。

 

特にデートとなると、余計に気をつけたい所。

服装や身だしなみに気を遣うのも、相手への思いやりです。

スポンサーリンク

クリスマスにホテルやレストランのディナーをチョイスしたなら・・

男性の場合、ネクタイ一つ締めるだけで、雰囲気がぐっと上がります。

女性は、やはりワンピースが無難ですね。

男女共に、スニーカーはやめましょう。

 

お店に入る前に・・

必ず、男性がドアを開けて、女性を先にエスコートしましょう。

これだけで、男性の印象がぐっと上がります。

 

日本人は、どうしても亭主関白的な方も多く、男が前に出て引っ張って行ってやるという考え方の人もいますが、基本的にエスコートされて嫌な女性はいません。

ここでポイントアップです。

 

テーブルに着いたら・・

小さめのかばんは、背もたれと腰の間に、

大きめのかばんは、置くところがなければ、椅子の下に置きましょう。

 

テーブルとお腹の間にこぶし1つ半ぐらいのスペースをあけ、背筋を伸ばして座りましょう。

この時も、男性は先に座ってはいけません。

レディファーストとして、女性を先に座らせましょう。

 

テーブルセッティング

着席すると、中央の大きなお皿にナプキンが置いてある場合、そのナプキンを広げて二つ折りにして、折り目を向こう側に膝の上に置きましょう。

 

この作業をする事で、レストラン側に

「食事をスタートして下さい」

と合図する事にもなります。

もし、食事中に口やグラスが汚れてしまった場合、折りたたんだ内側で拭き取ります。

 

また、トイレに行く為に席を立つ時は、ナプキンはたたまずに無造作に椅子に置いて大丈夫です。

食事が終わったら、ナプキンをテーブルの右側に無造作に置きます。

 

決してたたまないで下さい。

これで、食事終了ですの合図となります。

 

ナイフフォークがあらかじめセッティングされている場合、基本的には外側から使います。

左上には、パン皿が置いてあり、お皿の上方に置いてある小さめのスプーンなどはデザートに使う事が多いので、使うのは最後です。

 

ナイフフォークは、

食事の途中ですと、先端を少し交差させて、ナイフの刃は自分側に向けて皿の上に置きます。

 

1つの料理が食べ終わると、ナイフフォークを、時計に例えると10時20分ぐらいの角度でナイフの刃を自分側に向けて、揃えて置きます。

 

これが、この料理は終了ですよの合図ですので、決してウエイトレスさんを呼んで、「次、お願いします」などと、声かけしないようにしましょう。

また、食べ終わったお皿を自分で重ねたりはしないで下さい。

 

フルコースの場合・・

・前菜(アペタイザー)

食欲を増進させるものと言う意味。

一番外側にあるナイフフォークを使いますが、フォークだけの場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

・スープ

スープスプーンは、上方に置いてあります。

綺麗な丸の深めのスプーンです。

 

手前から外側に向けて、静かに口へ運び、音をたてないようにすすります。

最後の方、飲みにくくなったら左手で皿の手前を持ち上げてスプーンですくっても大丈夫です。

また、手でパンをつけて食べても構いません。

 

・魚料理

パンはメインディッシュの前に食べ終わるのがマナーですので、出来れば、この時点でパンは食べ終わっておきましょう。

 

フィッシュ用のナイフフォークは、フォークは肉料理用よりも少し小さめ。

ナイフは、平べったいスプーンのようなものがナイフ代わりになります。

 

魚料理によっては、フォークだけで食べても良いし、ナイフだけでも構いません。

 

・肉料理

一番大きいナイフフォークを使用します。

この時点で、使わなかったフィッシュ用のナイフフォークが残っていても、肉用のナイフフォークを使って下さい。

 

お肉は、食べる分だけを切って口に運びます。

先に全て切ってしまってはいけません。

 

・デザート

・コーヒー

の順番でお料理が出されます。

基本的には、お皿は持たないで下さい。

 

飲み物

ワイングラスは、カップではなく脚の部分を持ちます。

食事中に、飲み物を飲みたい時は、まずナイフフォークを置いてから、グラスを持ちましょう。

 

これが、一通りのフルコースですが、1品1品注文する時も、フルコースのように、前菜・サラダ・魚料理・肉料理と注文すると、バランスが良いですし、そのお店のおすすめ料理をチョイスしても良いですね。

 

その他のテーブルマナーとして、

・大声を出さない

・げっぷ、くしゃみが出そうになったら、ハンカチかナフキンを口にあてる

・お化粧直しは、必ず化粧室で

・テーブルに肘をつかない

・足を組まない

・携帯電話を使用する時は、お店の外で

 

クリスマス、楽しく食事をするためにも、お互い気遣いは大切ですね。

スポンサーリンク

コメント