ビビッとブログ

美容やグルメ、子育て、人間関係やお出かけスポットなど為になる情報サイトです。

その他

仮想通貨の仕組みを池上彰風にわかりやすく簡単解説!高騰で儲かる方法は?

投稿日:2018年6月1日 更新日:

本来の仮想通貨の仕組み、理解していますか?

仕組みを理解しないと、この先不安でしかない仮想通貨。

儲かるのは本当?

何故高騰するの?

 

池上彰さんから学んだ仮想通貨の仕組みをまとめました。

まだまだ広がる仮想通貨、通貨の仕組みとは?

スポンサーリンク
  

仮想通貨の仕組みをわかりやすく簡単に紹介!

仮想通貨の仕組みは暗号を用いた インターネット上の通貨 です。

その為、暗号通貨とも呼ばれます。

暗号とは、プログラミングを駆使したデータの事。

仮想通貨は一つ一つにデータがある為、今どこにビットコインがあって、今どのように送金されているかなどを全てデータで把握する事が出来ます。

 

現在仮想通貨は何百という種類がありますが、各仮想通貨にはそれぞれの役割が機能しています。

 

例えばXRP(リップル)。

こちらは銀行などお金の送金を安く早く行えるよう開発された仮想通貨。

実際に銀行はリップルを取り入れていく方針をとっていますが、今の所は未定。

 

ETH(イーサリアム)も決済手段として期待されている仮想通貨。

トヨタなどの大手企業が、決済手段として用いる予定ではいましたが、それも今の所未定。

 

このように、仮想通貨はただの通貨という訳ではなく、何かしら機能が備わっているという特徴があります。

 

とは言え、仮想通貨を持っていない人の一番の不安は

「本当に存在しているのか?」

ですよね。

 

仮想通貨は、銀行やコンビニからお金を入金して一旦仮想通貨を購入します。

その為「お金」として立派に存在しているのです。

※以前はクレジットカードでの購入も可能でしたが、現在は禁止となっています。

 

この仕組みは、実はナナコカードやSuicaにお金をチャージするのと同じ仕組みなんです。

ナナコカードなども一旦お金をチャージしたら、もう現金は目に見えません。

 

それと同じ原理なのですが、仮想通貨の場合は、何かのカードにチャージするわけではないので、余計に

「本当に存在しているの?大丈夫?」

という不安に繋がるようです。

 

まして今の所、仮想通貨は通貨としての機能を果たせていません。

それも怪しく感じる所なのかもしれませんよね。

 

では法定通貨と仮想通貨を比較してみましょう。

法定通貨と仮想通貨の比較

 法定通貨は、紙幣やコインという形があって日本銀行が発行、管理 しています。

法定通貨、今の日本円やドルは

  • お金と物を交換できる
  • 貯蓄できる
  • 物の価値を測る

という役割があります。

 

 仮想通貨は、インターネット上にお金があって形がなく、発行は各企業だったり個人だったりバラバラ。 

仮想通貨を扱っている人からすると

  • 仮想通貨でお金のやり取り
  • 買い物

ができるお店も実際に少しはあるので、仮想通貨は通貨として捉えています。

 

また仮想通貨は暗号化されている為、実は信用度が高い通貨でもあるのです。

しかし何故、コインチェックのような仮想通貨流出事件が起きたのかと言うと、やはり取引所のセキュリティ面の弱さにあります。

 

仮想通貨セキュリティ対策

取引所を守るセキュリティなんかよりも、遥かにプログラミング技術に長けているハッカー(詳しくはクラッカー)達が、毎日毎日取引所を襲います。

それに対応するホワイトハッカーの数が圧倒的に少ない為に、仮想通貨をたくさん持っている取引所はいい餌食となっているのが現状。

 

また法定通貨を守る銀行と違って、仮想通貨を守る取引所の管理自体もまだまだ開発途中の段階。

コインチェック事件で、金融庁が急いでセキュリティ対策が出来ていない取引所に足を踏み入れたぐらいです。

 

ただ、コインチェックの事件があったからこそ、取引所はセキュリティ面を見直し、今ではほぼ安心できる状態になってきたのも事実。

株の証券取引所と同じく、仮想通貨取引所ももっと繁栄してセキュリティ対策を万全に行ってほしいですね。

 

仮想通貨が通貨として使えるのはいつ?

そうは言っても。

通貨なら物を買えなきゃ意味ないじゃん!っ(;一_一)

と思いますが、現段階ではまだ通貨として通用するのは極わずか。

 

理由はやはり価値の変動の激しさ。

 

例えば

「昨日はビットコインが10万円だったから、1ビットコイン持って10万円のカバンを買いに行こう♪」

と出かけたら、何と今日は5万円になっていて、カバンが買えなかった(T_T)

何て事が現段階では起きているのが現状。

 

「ちょっと。私の5万円返してよっ」

となる訳で

「そんなに変動が激しいなら仮想通貨なんていらないっ」

となっているのが、今の仮想通貨。

 

為替での利益は取れても、通貨としての利用は遠い未来になりそうです。

 

仮想通貨仕組みまとめ

  • インターネット上に存在するお金
  • 仮想通貨には法定通貨にはない機能が備わっている
  • 現金で仮想通貨を購入する
  • 仮想通貨は暗号化されているので基本的には安全
  • 形がない
  • 発行者はバラバラ
  • 管理は自分でするか取引所に預ける
  • 取引所は銀行と同じく選択できる
  • 今の所通貨としての機能は薄い

 

スポンサーリンク

仮想通貨が高騰する仕組みを教えて!

何故、仮想通貨は価値の変動が激しく、一気に高騰して一気に下落するのでしょうか。

それは 仮想通貨に参加している人数が少ないから です。

現段階では、日本円やアメリカドルを持っている人の人口と、仮想通貨を持っている人の人口は雲泥の差。

 

それはそうです。

仮想通貨は誕生してからまだ数年しか経っていないのです。

信用されていなくても当たり前。

 

なんですが、

参加人数が少ない事がネックとなり、仮想通貨を大量に保持している人が売り捌いて現金に変えるだけでも価格変動が起こり、下落暴騰が繰り返されるのです。

 

また2017年は仮想通貨元年とも呼ばれるほど、色々な仮想通貨の開拓がありました。

  • 仮想通貨の大元ビットコインの分裂
  • 資金集めのICO
  • 中国人投資家の参入
  • アメリカで先物取引に仮想通貨先物を取り扱うとの発表

などなど好材料が揃い、2017年後半には仮想通貨を購入する人が一気に増えて一気に高騰しました。

 

2018年は高騰する可能性はあるのか

まだまだ仮想通貨参入者が少ない為、一気に高騰する可能性はあるのではないかと思いがちですが、もうそんなに一気には上がらないだろうとは言われています。

とは言え、アルトコインに関してはある程度はあるのかと。(筆者の勝手な予測)

 

参入者が少ない理由としては

ICOという資金集めの方法にも規制が入りましたし、何よりコインチェック事件で仮想通貨に対して、不信感を抱かれたのが一番大きいですよね。

※ICOは、会社設立するのに必要な資金集めを仮想通貨で行うシステム。この時に使用されたビットコインやイーサリアムが大量購入され、価格が一気に上がりました。

 

仮想通貨参入者が少ないと、また下落暴騰は起こりうる可能性はあるかもしれませんが、その点は仮想通貨大元が操作してくるかもしれません。

仮想通貨保持者が増えてくると法定通貨のように安定し、価格変動は緩やかになるでしょう。

スポンサーリンク

仮想通貨は儲かる仕組みになっているの?

2017年確定申告で公表されたのは、収入1億円以上が331人。

でも実はこれ利確(利益確定)した人の人数。

仮想通貨は、利益を得たからといって 日本円に換金しない限りは収入としては捉えられない のです。

これは仮想通貨に限らず株などでも同じ。

 

その為、まだガチホ(仮想通貨を手放さず持ち続けている事)の人も多くいるので実際に億単位の収入はもっといるのではないかとの認識です。

 

これだけ儲けている人がいれば、皆儲けれるのでは?

何て思いますよね。

 

でも、元々仮想通貨は儲ける為に作られた通貨ではありません。

未来の通貨として活躍したくて、ビットコインの産みの親「ナカモトサトシ」が開発したのがプログラミング技術を駆使した暗号通貨。

 

いつかお金を持たずにネット上で決済ができるように、そして海外送金を早く安く行えるように、世界共通の通貨を作る為に開発したのです。

その事に興味を持ったプログラマー達が更に開発を進め、また新たに仮想通貨を発行する人も現れてきました。

その後、更なる人気を呼びアルトコインと呼ばれるビットコイン以外の草コインも開発され、仮想通貨人気が高まり、価値が上がりました。

 

その為、安値で購入していた人は、為替と同じで差額で利益を得る事が出来ました。

その利益率が半端なく高かったために

「仮想通貨は儲かる」

と言われたのです。

 

そして、実際に儲けている人もたくさんいます。

2017年は仮想通貨を持っているだけで、儲ける事ができましたが、今後それは厳しいかも。

 

もし、仮想通貨で上手く儲けたいのであれば、変動の激しさを逆に利用するという事。

チャートを見続けて、下がった時に買い、上がった時に売る。

これを繰り返せば、利益として上がります。

 

実は、仮想通貨はもう終わったなどと言われていますが、現在でも差額で儲けている人はたくさんいるのです。

各取引所のチャートを見ていれば分かりますが、数日で一気に下がり、また数日で倍以上の価格になっている通貨が未だにたくさんあります。

 

ただその場合、チャートを常に確認し続ける事が重要。

仮想通貨はとにかく一気に下がって一気に上がってが、今の所特徴(?)でもあるので、その瞬間を見逃さない事が、儲けるポイントです。

 

しかしながら、基本的に仮想通貨は通貨なので、現在仮想通貨開発者達は通貨として機能できるように、まだまだ開発を続けています。

今後、儲ける対象とするならば「為替」と同じ感覚で取り組むといいですね。

 

まとめ

仮想通貨は調べれば調べるほど、奥が深くとても興味深い通貨です。

2020年のオリンピックでは、仮想通貨が日本で使えるように頑張っているようですが、間に合うといいですね♪

スポンサーリンク


-その他
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

幸せホルモンの出し方おすすめ10選!オキシトシンとセロトニンの違いと増やす方法

幸せホルモンって一度は聞いた事がありますよね。 その中でも、オキシトシンという幸せホルモンが幸福度アップに繋がるのだとか。 世界一受けたい授業で放送されていた「幸せホルモンの出し方10選」を更に詳しく …

サイゼリアの店舗で無料駐車場がある東京都内16区まとめ。7区は駐車場がない!

東京都内を車で移動中、ファミレスで仕事をしながらランチをしようと思い、駐車場付きのサイゼリアを調べたら…ない(・・;) 次の仕事も都内なので、あまり移動したくない為、都内で駐車場のあるサイゼリアを調べ …

金持ちになりたい人必見!体質チェックで貧乏から抜け出す心構えとは?

誰でもが金持ちになりたいと憧れますが、本当にそう心から思っていますか? 株や仮想通貨、FXなどの投資、ギャンブルなど、男性だけでなく主婦や女性も稼いでいる人も多いですが、大金は手にした後が大切です。 …

厄年にお祓いをしないとどうなる?自分で厄を乗り切る方法9選

厄年とは、1年を通して多くの災いが振りかかり、精神的にも身体的にも変調をきたす年。 とは言うものの、本当に厄なんて来るんでしょうか。 イマイチ信用できませんよね。   では実際に厄年にトラブ …

ガストの店舗で無料駐車場がある東京都内11区まとめ/12区は駐車場ないよ!

ビジネスマンの味方ガスト。 安いしすぐに料理が出てくるし、長居する事も可能。   しかし東京23区内では駐車場のないガストがたくさんあります。 そこで今回は無料駐車場のある東京23区のガスト …