おせち料理の歴史と由来~感謝の気持ちを込めて~

食べ物・グルメ

 

おせち料理とは、元々中国から伝わった五節句という季節ごとに、食べ物を神様に供えて、節目を祝う行事から来ています。

奈良時代に天皇を中心に、宮廷で開かれた祝いの際に食べられた食事を「節句」と言い、その後庶民にも広まり、戦後には重箱に節句を詰めたおせち料理が販売されました。

 

おせち料理の意味

地方によって、おせち料理の中身が違いますが、それも実は意味があります。

奈良時代に食されていた節句料理は、江戸時代には正月料理と呼ばれるその土地の神様にお供えする料理を、節句料理とするようになり、それがそのまま今日に至るまで、続いている為に、地方によって具材が変わってくるんですね。

 

そうして、お供え物として食べられていた節句料理は、年始に挨拶にきた客人にふるまったり、家族と食べるようになり、今のおせち料理の形が出来上がっていきました。

 

第二次世界大戦後にデパートが、重箱に正月料理を詰めて販売した事で、今の重箱のおせち料理が確率しました。

何故、重箱なのかというと、めでたさを重ねるという意味で演技を担いでいると言います。

 

おせち料理の特徴

おせち料理の特徴の一つとして、味付けの濃い、火の通さない料理が多いですね。

 

これは、お正月の「火は」聖なる火として歳神と迎えるにあたり、雑煮などで使う日以外は使わないようにしたとの説もあり、また、家事から女性を解放してあげる為という説もあります。

そうは言っても、親戚や知人の集まりやすいお正月こそ、女性は忙しいですけどね(笑)

 

おせちはいつ食べるのが正しい?

おせち料理を食べる本来の日にちは、大晦日からお正月にかけての年越しに食べるのが正しいです。

皆さん、飲んで飲んでお正月は二日酔いの方が多いのではないでしょうか(笑)

 

重箱の正しい知識

重箱は今や一段から販売されていますが、昔は五段が普通だったようです。

四段は春夏秋冬を表すと言われ、五の段をあえて空で置くことで、来年こそは重箱をいっぱいにできますようにとの思いや、おせち料理以外のおかずを詰める事ができるなど、数々の諸説があるようです。

 

ちなみに四段は「死」を連想させてしまうとの事から、「与の重」と呼びます。

昔の漢字で段を表すと、

  • 一段は、壱の重
  • 二段は、弐ノ重
  • 三段は、参の重
  • 四段は、与の重
  • 五段は、五の重

になります。

 

どの段に入れるかで、意味も分かれているので、次回一つ一つおせち料理のおかず辞典を記事にしていきます♪

 

まとめ

お正月におせち料理を食べが習慣となっていますが、本来は季節で採れる食物に感謝をして食べる事が、本来の目的ですので、一つ一つのおかずや、新しい年を無事迎えられたことに感謝して、家族と笑顔でおせち料理を食べて下さいね(^^♪

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク


コメント