おせち料理のおかずの意味を徹底検証!

食べ物・グルメ

 

おせち料理は、その年の子孫繁栄や家内安全を願いおかずを詰めていきます。

おせちは、昔はお供え物として作られていた為、とても深い意味合いがあり、お子様に、おせち料理を食べる意味やおかずの意味を説明してあげると、感謝のできる子に育つかも・・?

 

 

おせち料理の意味合い

食べる事が当たり前となっている時代、子供達に是非ともおせち料理の意味合いを伝えていってほしいと思います。

 

代々その想いが子孫に伝わり、食べ物を感謝するようになります。

食べ物に感謝すると、食べ物に困らないようになりますし、食べ物だけでなく、物も大切に出来るようになるでしょう。

 

おせちの重箱の詰め方

では、おせち料理にいれるおかずの紹介です。

基本的には、与(4)の重が一般的となっていますので、与の重を基本として説明しますね!

 

  • 壱の重 : 祝い肴、口取り
  • 弐の重 : 焼き物
  • 参の重 : 煮物、酢の物
  • 与の重 : 煮しめ

 

これは、一般的な詰め方なので、余白があったり、または入りきらなければ他の段に入れても全然問題ありません。

黒豆や数の子、田作りなどの祝い肴は、必ず壱の段に入れて下さいね!

 

代表的なおせちのおかずの意味

黒豆・・黒豆を甘く煮たもの。黒は邪除けの色とされていて、マメに働けるように長寿と健康を願ったもの

 

数の子・・ニシンの魚卵。卵の数が多い数の子は、五穀豊穣と子孫繁栄を願ったもの

 

田作り(ごまめ)・・イワシの幼魚の佃煮。昔片口イワシを田んぼの肥料にした所、5万俵の米が収穫できたとの言われから、五穀豊穣を願ったもの

 

たたきごぼう(酢ごぼう)・・ゴボウを叩いて酢などで和えたもの。関西地方に多い。たたきごぼうは瑞鳥を表したもので豊年の象徴と言われ、豊作と息災を願ったもの。地中に深く根を張る為、長生きをするとも言われる。

 

紅白かまぼこ・・紅白二色のかまぼこ。赤は魔除け、白は清浄を意味し、縁起が良いとされる

 

伊達巻・・戦国時代の武将・伊達政宗が派手好きだったことから、見た目が豪華な卵焼きを伊達巻と呼ぶようになった他、諸説あるそうです。見た目が巻物のようなので、文化・学問・教養を願う縁起物

 

栗きんとん・・かちぐりという栗を使っている為、勝ちに通じる。見た目が金色の為、金運を願ったもの(栗きんとんは明治以降の正月料理)

 

ぶりの焼き物・・ぶりは出世魚と呼ばれる為、出世を願ったもの。江戸時代、出世する度改名する慣習があり、ぶりも成長するに従い、名前が変わるので、出世魚と呼ばれていた。

 

鯛の焼き物・・その名の通り、めでたい( ◠‿◠ )

 

エビの焼き物・・エビはひげが長く、腰が曲がっている事から、長寿を祈願した縁起物。また脱皮をするので生命の更新を意味し、出世も願える

 

紅白なます・・大根と人参の酢の物。紅白の水引と同じ解釈をするので、紅白かまぼこと同じく縁起物

 

ちょろぎ・・植物の根をシソ酢で赤く染めたもの。ちょろぎは長老木と呼ばれているので長生きを願う縁起物

 

レンコンの酢の物・・穴が多数あるので、将来の見通しがきくという縁起もの

 

昆布巻き・・昆布が末広がりという意味合いもあり、伊達巻と同じく巻物に見える事から、文化・学問を象徴する

 

くわい・・大きな芽が一本出る事から出世祈願

 

まとめ

こんなにも意味合いが含まれているとは、思いませんよね。

子供と一緒に食べながら、家族や恋人と食べながら、おせち料理の意味を語り合ってみてください♪

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク


コメント