恵方巻きの由来とおススメの具。福をもたらす食べ方とは?

イベント

 

恵方巻を食べる本当の意味、知っていますか?

恵方とは、幸福を司る歳徳神というその年の最も縁起が良い方向の事。

その方向を向いて巻物を食べる事で得られる福とは?

 

節分はいつ?

節分とは、立春の前日の日を示します。

 

立春は1年で一番寒い日。

それを乗り越えると春が訪れます。

 

占いでは、1月1日を基準とするのではなく、2月3日を基準とすることが多いですね。

それと同じく昔は、2月4日を1年の初めとし、その前日の2月3日を大晦日と考えていました。

でも、絶対に2月3日が「節分」とは決まっていないんです。

 

2月2日の年もあれば、2月4日の年もあります。

何を基準に考えられているかというと、太陽の角度と周期で決まり、1年の365日を均等に季節で分ける為に、ずれが生じるのです。

 

2020年のオリンピックの年までは、節分は2月3日。

2021年は2月2日となります。

 

恵方巻とは?

七福神にあやかった7種類の具が入った太巻きの事。

福を巻き込んだ太巻きを、そのまま1本丸かじりする事で、縁を切らずに願い事が叶うと言われています。

 

また、無病息災、商売繁盛をもたらすとも言われています。

 

恵方巻を食べるようになった由来は?

大正時代に、大阪の花街で節分の時期に浸け上がるお新香を海苔で巻き、恵方に向かって食べて、縁起を担いだことがきっかけだそうです。

 

また、巻き寿司の形が黒くて太い事から、鬼の金棒に見立て、その金棒を食べる事で鬼を退治するという意味もあったそうです。

 

恵方巻の食べ方のポイントは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その年の恵方(縁起の良い方向)を向いて、願い事をしながら無言で一気に食べきる事。

 

恵方巻きに入れる具材は、特に決まりはないようです。

昔は、キュウリやお新香、レタス、貝割れ、卵焼き、マグロなど自分の好きな物を入れて巻いていたようです。

 

また、絶対に7種類でないといけないという訳でもなく、2種類でも3種類でも大丈夫です。

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク

コメント