高齢出産ダウン症の子供で後悔しないための対策は?

子育て

 高齢出産の伴うリスクはどれぐらいなのでしょうか。

ダウン症になる確率、デメリット、メリット、気になる出産について紹介します。

高齢出産が初産だった有名人

高齢出産で有名なのが政治家の野田聖子さん。

彼女は50歳で初めて子供を出産しましたが、子供は障害児でした。

 

ドキュメンタリー番組でも取り上げられ、出産する前から奇形児だと分かっていたのに出産した野田聖子さんを批判する声も少なくなかったとか。

出産してからも数年間病院で過ごす息子さんに対して、夫婦で献身的に介護し続け、息子さんの為に住みやすい家に引っ越しました。

 

野田聖子さんは政治家として成功し、名声や富も十分に持っていますが、子供だけには恵まれなかった。

やはり女性として子供だけは授かりたかったのではないでしょうか。

 

高齢出産はどうしてもリスクを伴うと言いますが、やはり障害児やダウン症の子供が産まれるのは防げないのでしょうか。

 

スポンサーリンク

高齢出産とは何歳から?

基本的には35歳からと言われています。

ただしリスクとしては、初産なのか2人目以降なのかでも変わってきます。

 

高齢出産のリスク・デメリットは?

やはりダウン症の子が生まれる確率が高いというのが一番のリスクです。

 

ダウン症の子供ができやすい理由として

染色体異常

が見られます。

 

染色体とは、体を作る細胞です。

この染色体は数が決められていて、その数が通常と異なったり、構造に異変が生じると染色体に異常が見つかり、ダウン症と呼ばれる子供が出来る原因となってしまいます。

 

その為、若いからと安心していても、染色体に異常があればダウン症の子が産まれてしまいます。

 

では何故、高齢出産だとダウン症の子ができやすいと言われているのかというと、

元々正常であった染色体でも、年齢を重ねる事により、卵子が老化し、染色体にも影響を与えるからです。

 

卵子は、年齢を重ねても次々に生まれてくるものではなく、自分がずっと持っている卵子しかありません。

 

その為、高齢出産でダウン症の子ができやすいというのは、

卵子が働きにくい ⇒ 染色体に異常をきたす

からなのです。

スポンサーリンク

 

ダウン症の子は幸せか?

こればかりは本人でないと分かりませんが、親が元気なうちは手助けをしてあげる事ができますが、親が死んだら助けてくれる人は実際いるのでしょうか?

障害者の介護は重度にもよりますが、簡単ではありません。

 

障害者施設に預けると言っても、本当に適切な処置をとってくれているのか定かではありません。

 

数年前に障害者殺人事件がありましたよね。

あの時の犯人は殺してしまった理由を

「生きている価値がなかったから」

としています。

 

好きで障害者に産まれてきたのではないのに、普通に行動したくてもできないのに、そんな風に思われてしまい、最終的には殺されてしまいました。

これは、とても奥深い事件だと思います。

 

障害者達には国から給付金が出ています。

その給付金を悪用しようと悪だくみを考えている人もいると聞きます。

 

施設に入ったからと言って安心だとも言えません。

どうか、国の力で障害を持った人たちが、親がいなくても安心して暮らせるようにして頂けたらと思います。

 

スポンサーリンク

染色体異常を防ぐ方法はあるのか?

石田純一さんと結婚した東尾理子さんは高齢出産にあたります。

第一子を37歳、第二子を40歳で出産し、お子様たちは元気にすくすくと育っています。

 

東尾理子さんは妊娠中から「葉酸」を積極的に取り入れていたようです。

葉酸(ようさん)には、細胞を生産して助けてくれる働きがあり、体の発育も促してくれます。

 

という事は、染色体も正常に保ってくれる働きをサポートしてくれるという事。

 

厚生労働省も、妊婦さんには葉酸を推奨しています。

特に妊娠初期は細胞分裂がさかんな為に、先天性の疾患を招く恐れがあるので特に葉酸で細胞をしっかりとサポートしておかないと、リスクが高まるというのです。

 

葉酸は副作用やデメリットはあるのでしょうか。

 

葉酸は水溶性ビタミンです。

その為、過剰摂取したとしても、尿で排出されます。

 

葉酸は積極的に摂取しても問題ありません。

また、赤血球の生産を助けてくれる葉酸は不足すると貧血の原因にもなります。

 

その他、葉酸が不足する事で免疫機能減衰、消化管機能異常など生活習慣病にも影響してくるので、妊婦さんだけでなく積極的に取り入れたい成分です。

 

 

高齢出産で後悔しない為の対策は?

食べ物にも気を使い、適度な運動やストレスを軽減させるための生活をしていても、どうしても補いきれない部分が出てきてしまいます。

それを補えるのが、葉酸。

 

葉酸を摂取するのにおすすめなのが、厚生労働省推奨モノグルタミン酸型「葉酸」400μg配合された【makana(マカナ)】

 

ハワイ語で「贈り物」という意味のマカナは、葉酸だけでなく

  • 妊活の王様『日本産マカ』
  • 一般的なしょうがの約4倍の活性成分含有『金時しょうが』
  • 50種類以上の栄養成分含有の非常に優れたバランス食品『スピルリナ』
  • 妊活の定番『ルイボスティー』

その他、鉄分・亜鉛・ビタミンなど50種類以上の豊富な栄養成分を配合しています。

葉酸サプリ【マカナ】の詳細はこちら

妊活・出産・育児メディアで話題沸騰中のPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)に効果的なピニトールを配合している【ママナチュレ】もおすすめ。

ママナチュレ葉酸サプリの詳細はこちら

免疫力を上げてくれる【愛され葉酸】は後藤真希さんも愛用。

  • 葉酸400μg
  • ピロリン酸第二鉄15mg
  • クリスパトス乳酸菌300億個

で、免疫力の向上を習慣化させてくれます。

カルシウム・ビタミン・ミネラルなども配合されているので、健康な体を保つ事が期待されます。

愛され葉酸の詳細はこちら

 

まとめ

晩婚化が進んでいる時代ですので、どうしても高齢出産になる可能性が高くなりますが、それでもやっぱり子供は欲しいですよね。

ダウン症に産まれてきた子供が幸せなのかどうかは、正直本人以外分かりません。

 

ただ、少しでも元気な赤ちゃんができるように、母親が体内環境を整えてあげる事が大切だと思います。

その為には、是非葉酸だけは体内に準備しておいてあげたいですね♪

 

いつか国や病院が、妊娠したら誰にでも葉酸を配布するという制度を作ってくれたらんなと思います。

 

また妊娠中にあまり無理して行動すると、流産してしまったり、早産にも繋がります。

妊娠したら、とにかく安静に元気な赤ちゃんを産んであげて下さいね。

ディズニー妊婦の緊急搬送が大問題⁉母子手帳がないと大変な事に!臨月は考えもの。

スポンサーリンク


コメント