ハロウィンの由来とハンドメイドキャンドル「timtom candle」

イベント

 

ディズニーランド横にあるイクスピアリではハロウィン一色!

ハロウィンって、何故日本に定着したの?

 

ハロウィンの由来

日本では馴染みのなかったハロウィンも、今では渋谷の仮装行列が話題です。

 

そもそもハロウィンの由来は、

2000年以上も昔、ケルト民族の宗教の一つにドゥルイド教というものがあり、その儀式の一つのサウィン祭が起源といわれています。

 

サウィン祭とは、秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う宗教的な祭りの事。

古代ケルトでは、1年の終わりが10月31日とされていて、夏が終わり、冬が来るという意味でもあります。

 

ハロウィンと言えばお菓子の理由

この10月31日に死者の霊が家族を訪ねてくるとも言われていました。

 

この死者の霊と共にやってくる有害な精霊や魔女から身を守る為に、仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いたり、お菓子をあげたりするようになりました。

お菓子をあげないと、いたずらされてしまうと言われていたので、仮装した子供達が家に来ると、お菓子をあげる風習が出来上がり、現代につながります。

 

かぼちゃの由来

何故、ハロウィンと言えば、かぼちゃなのかと言うと、

魔除けの焚き火が、かぼちゃをくりぬいた中にろうそくを灯したものだった為に、ハロウィンと言えば、「かぼちゃ」となったのです。

 

現代では、この宗教的な祭りは一切関係なく、ハロウィンを民間行事としてとらえ、日本では、仮装行列(笑)に変化していったのではないかと思います。

 

イクスピアリのハロウィン

ディズニーランドではすでにハロウィン祭りが開催されています。

 

ディズニーのショッピングモールであるイクスピアリも、ハロウィンがたくさん飾られていて、クレアーズのお店では、仮装も出来ちゃいます。

 

イクスピアリの中には、クレアーズのお店が3店舗も入っているので、私服で行って、現地で仮装する事も可能です。

但し、子供服が多いのと、女の子がメインのようでしたので、男の子は少し寂しいかも”(-“”-)”

 

2階のメイン広場では、大声で

「トリック・オア・トリート!」

を叫ぶイベントが開催されていて、無料で仮装させてもらえます。

トリックオアアートとは、

「お菓子をくれないと悪戯するよ!」

「いたずらか、お菓子か!」

という意味だそうです。

※写真は、3階から撮ったものなので、見づらいかもしれませんがご了承下さい。。

 

ハンドメイドキャンドル

また、2階にあるジャングルレストラン「レインフォレスト カフェ・トーキョー」の前では、キャンドルづくりもできます。

 

ここのレストランは、少しお高いのですが、レストラン内がジャングルのようになっているので、子供は喜びます。

キャンドルづくりは、1100円~できるので、子供の思い出にもってこい。

 

そのまま2階を舞浜駅の方面に歩いていくと、路面店に素敵なキャンドル屋さんがあります。

ハンドメイドキャンドル「timtom candle」。

 

2011年の東日本大震災をきっかけに、キャンドル製作を始めたキャンドルアーティストKAMISAMA。

過去には、有名アーティストのオフィシャルキャンドルなども手がけた経験を持ち、マルイやららぽーと、百貨店など 日本各地でキャンドルの販売を行っています。

 

timtomのキャンドルの特徴は、アロマが入っている事。

そして見た目の色合いがとても綺麗。

全てのキャンドル、一本一本を丁寧に手作りしているので暖かみがあります。

 

また、火を灯すと真ん中から溶けていくので、色とりどりのランプのように点灯します。

販売期間は2017年10月31日までです。

是非一度、足を運んで見ると、良いかも!

 

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク

コメント