海外留学社会人のメリットとは⁉短期で奨学金はもらえる?

ビジネス

学生と違って、社会人になってからの海外留学は、目的がしっかりとしている為に、短期間で色々な事を吸収する事が出来ます。

しかし、現地での時間を有効利用する事が出来なければそれも難しいですよね。

また社会人といえども、自分が稼いだ大切なお金なので無駄なく留学資金に充てたいもの。

それを可能にする方法ってある!?

社会人でも奨学金って使える?

スポンサーリンク

海外留学の社会人としてのメリットとは⁉

社会人になってから留学する目的は

  • 英語力を上げたい
  • 海外でしか取れない資格を取りたい

などがありますが、休みも中々取れず、また初めての海外留学で本当に自分にメリットがあるのかどうか不安になりますよね。

 

また

  • 海外に行ったからと言って本当に語学力が上がるのか
  • 失敗して日本に帰って来る事になってしまうのではないか
  • 戻ってきたら会社をクビになっているのではないか
  • また退職して留学していた場合、再就職はできるのか

などなど心配事もたくさん。

 

では社会人が海外留学して得られるメリットとは一体何でしょうか。

  1. 語学力が上がる為、外国語を使った仕事に就ける
  2. 金銭的余裕があるので、国や学校を選べる範囲が広がる
  3. 帰国後のキャリアアップになる
  4. コミュニケーション力が上がる
  5. 適応能力が上がる
  6. 何事にも前向きになれる

 

1. 語学力が上がる為、外国語を使った仕事に就ける

日本では外国語を使える人が圧倒的に少なく、少しでも話せる場合にはそちらの方面での仕事はたくさんあります。

その場合は即戦力として、キャリアアップにも繋がりますし、個人的に語学力を使うビジネスを立ち上げる事ができるかもしれません。

2020年のオリンピックでかなり活躍できるかも!

 

2. 金銭的余裕があるので、国や学校を選べる範囲が広がる

海外留学は国や学校によって、留学費用が異なります。

もし自分のやりたい事、取得したい資格が取れる学校が少し高額だとしても、それなりに貯金をしていれば入学する事も出来るので、より技術を身に着けやすいのが社会人。

 

3. 帰国後のキャリアアップになる

本当に英語話せるのかな…なんて不安になるかもしれませんが、実際に英語を話せるようになるのは日本の英会話教室なんかよりも現地での経験です。

また周りが皆英語(外国語)だと、嫌でも耳に残りますし、更に学校で教わる事で自然と話せるようになるでしょう。

 

日本に帰国すると、英語が話せるというだけで仕事の幅が広がり、チャンスも増えるのでキャリアアップの第一歩とも言えます。

外資系に就職できる確率がぐんっと上がるかも?

外資系の会社はお給料が♡。

 

4. コミュニケーション力が上がる

社会人になると嫌でもコミュニケーションは必要です。

とは言え、誰でもが最初からコミュニケーション能力が高いとは限りませんよね。

 

海外に行くと、自分の意見をハッキリ通す外人に最初は戸惑うかもしれませんが、いつまでも引っ込み思案でいると相手と意志疎通が取れません。

そのような環境でいるとコミュニケーション能力上がる確率大!

 

5. 適応能力が高くなる

海外留学をすると、不安なのが一人ぼっちなのではないかという事。

しかしほとんどの留学サポート会社は現地に日本人を派遣していたりするので、その心配は今やほとんどないでしょう。

 

それでも急に何かが起こった時に、すぐそばに頼れる人がいなければ人間は必ず危険回避できる生き物です。

またそれを乗り越えていくと、かなり適応能力が高くなるので、日本に戻ると見違える程頼れる人物に成長しているかも!

 

6. 何事にも前向きになれる

先程の適応能力が高くなったり、コミュニケーション能力が上がったりすることで、人間は自然と前向きになれます。

また自然と笑顔も増える事も増えるでしょう。

気持ちが前向きになると、何をするにも楽しく、働く事や生きる事全てが前向きになるでしょう。

スポンサーリンク

海外留学短期でも社会人はプラス?

社会人で、会社を辞めずに有給を取って海外留学をする場合やあまり時間がない場合、短期間でも留学の意味があるのか?と思いますよね。

実際に英語ペラペラの友人は

最低でも半年は海外に住まないと英語が話せるようにはならないよ!

と言います。

 

また1年以上海外にいたとしても、日本に帰ってくると忘れてしまうから、常に英語を活用するようにしないといけないとも言っていました。

となると、ますます短期留学って意味ないんじゃ?と思います。

 

がしかし。

そこが社会人の腕の見せ所。

社会人の場合は、大学生や高校生と違って遊び気分で行くわけではありません。

真剣に本気で望むので、知識や経験、会話の吸収率が高い。

 

また期間が短いと逆に一生懸命勉強もして集中力もあるので、個人差はありますが完璧とまではいかなくても語学力は身につくかと思います。

日本に戻ってビジネスに生かしたり、目標があると尚更です。

 

皆さん、留学って1日勉強しているかと思うかもしれませんが、案外自由時間もあるんです。

その自由時間をどう生かすかが鍵です。

  • 観光して遊んで過ごすのか
  • ワーキングホリデーも兼ねて現地で働いてみるとか
  • 外国人しかいない集まりに参加してみるとか

時間をどう有効に使うかで、短期留学できっちり外国語を身に着ける事ができるのかが変わるでしょう。

 

短期留学も会社によっては期間が違うので、ギリギリ有給の取れる期間を選択できるといいですね^^

スポンサーリンク

海外留学行くのに奨学金って社会人でも受けれるの?

学生だと奨学金で海外留学!なんて話もありますが、社会人になると一応働いて収入もあるし、そんな嬉しい制度なんてないよね…と諦めていませんか?

あるんです!

但し、色々厳しい条件があります。

まずはこちら!

 

日本学生支援機構(JASSO)

こちらは基本的には学生が受けられる海外留学資金を支援してくれます。

社会人でも条件を満たせば、返済不要で留学可能。

※基本的に奨学金をメインに活動している機関です。

 

但し、海外留学の支援を受けられる条件は少し厳しいです。

海外留学支援制度

1. 留学する時には就職していない事

2. 最終学歴は大学の学士取得

3. 修士または博士の学位取得を目指す事

4. 海外の大学に1年以上留学する事

 

海外の大学院に留学し、修士号・博士号を取りたいという人を対象

応募条件の年齢制限は

  • 修士コースの場合は35歳未満
  • 博士コースは40歳未満

 

その他、全額ではなくても奨学金が出る場合

 

社会人だと奨学金が出る制度がかなり厳しいようです。

必須項目は

  • 大学卒業している事
  • 目的が明確である事
  • 留学時は働いていない事

などがあげらますので、やはりちゃんと貯金してから留学を考えた方が良さそう!

 

帰国してから、レベルアップしているとその後のキャリアアップには繋がるので、充分取り返すチャンスは訪れますけどね…^^

留学資金なくても海外留学は可能?

可能です!

但し、社会人だと厳しいかも。

英会話の勉強&バイトしながら留学資金を溜める方法なので、会社勤めは退職を視野に入れている人におすすめ。

 

もし今の会社に不満がある、もしくは一度きりの人生を謳歌したい!という場合には思い切って海外に羽ばたくのも、人生の選択手段の一つです。

その際、お金がなくてもすぐにでも踏み出す事ができるのがここ!

日本に戻ってきたら、就職にも繋げてくれるので会社を辞めていたとしても、アフターフォローはしてくれますよ!

スポンサーリンク

コメント